オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 恋愛
  • 「嫁はよそのお家の大事に育てられたお嬢さん」「家政婦ではない」投稿が話題に…女性にとって義両親とは?

「嫁はよそのお家の大事に育てられたお嬢さん」「家政婦ではない」投稿が話題に…女性にとって義両親とは?

女性にとって、結婚生活の幸福度は義両親に左右されるのではないか——。SNS上で先日こんなテーマの議論が交わされました。女性にとって義両親とは何でしょうか。

女性の幸福度は義両親に左右される?

「女性にとっての結婚生活の幸福度は、義両親に左右されるのではないか」とのテーマがSNS上で話題になっています。きっかけは「全国のお姑さんに覚えておいてほしいこと」という投稿で、その内容は「嫁はよそのお家の大事に育てられたお嬢さん」「嫁は息子の家政婦ではない」「嫁入りして同じ名字になったとしても嫁は他人」というもの。これに対し「私は自分の娘には『結婚相手の親をしっかり見極める』ことをひたすら言うかな」「配偶者は結婚後に教育できるかもしれないけど親は無理」「将来的な同居や介護も視野に入れると、義両親の性格って重要」など、さまざまな意見が出されました。

 女性にとって「義両親」が持つ意味とはどのようなものでしょうか。オトナンサー編集部では、ラブライフバランス研究所代表で恋愛結婚カウンセラーの水野真由美さんに聞きました。

結婚後の相談の8割が「義両親」のこと

Q.「女性にとっての結婚生活の幸福度は、義両親に左右される」という考え方について、どのように思われますか。

水野さん「多くの方が結婚に際してぶち当たる壁の一つが『義両親との関係』ですよね。これは夫側も妻側も同様ですが、夫はコミュニケーション下手で不器用でも『外でしっかり働いていれば、それでよし』とされやすいのに対して、妻は日々の生活や育児などで、義両親との関わり合いがどうしても多くなるため、心理的・肉体的負担を強いられるのが実情です。また、夫には直接アレコレと言えますが、義両親とは心理的に距離がある分、ストレスがたまりやすいと言えます。弊社では、婚活中だけでなく結婚後の相談も受けていますが、その8割が義両親に関する悩みです。離婚原因の一つに挙げられることからも、義両親問題が大きなストレスであることが分かります」

Q.結婚前に、相手の両親との相性を確認する方法があれば教えてください。

水野さん「結婚前に相手の両親と会っても、まだお互いによそ行きの顔をしていますから(笑)、よく分かりませんよね。となると、見るべきは恋人と親との距離感です。何かにつけて『母が』『家が』と、親の意見や実家の用事を最優先させる人は結婚しても変わりません。そして『うちは代々○○で』『土地が○○もあって』など、家に対してやたらとプライドが高い人の家族も付き合いにくい可能性が大きいでしょう。自分も相応の家柄でないと何かと上下関係にこだわるので面倒です。また、いつも母娘で旅行や食事をするなど密着度の高い親子は、母の理想の夫像がまるで自分の理想であるかのように、母の意思が娘の意思に上書きされてしまうので、あたかも、母娘二人と結婚するようなものです。女性同士が結託すると威力絶大で、男性は太刀打ちできません」

1 2

水野真由美(みずの・まゆみ)

ラブライフバランス研究所代表、恋愛結婚カウンセラー

静岡大学教育学部卒。27歳で起業、1997年に株式会社Rushを設立。「合コンセッティングサービスRush」を参加実績80万人以上の業界No.1サービスへと育て上げる。その後、恋愛と生活のバランスを保ちながら、結婚につなげる出会いを目指した「ラブライフバランス研究所」を主催。その人の個性や本質を導き出し、婚活に生かすカウンセラーとして1000人以上のカウンセリングを実施する。個性分析から見せ方、出会い、交際、成婚までと、トータルプロデュースによる実績への評価は高く、婚活界の第一人者として活躍中。ラブライフバランス研究所(https://loveba.jp/)。LINE@で無料婚活相談中(http://line.me/ti/p/%40lus0569u)。