苦行じゃ意味がない 障害児の「療育」はほどほどに 自分らしく、生き生きと暮らす