オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

放置してOK? 赤ちゃんの「でべそ」、どう対処すべきか 受診の目安など、医師に聞く

一般的に「でべそ」と呼ばれる、おなかから、へそがポコッと突き出ている状態。自然治癒するとも聞きますが、放置していて大丈夫なのでしょうか。

「でべそ」は放置しても大丈夫?
「でべそ」は放置しても大丈夫?

 おなかから、へそがポコッと突き出ている状態は一般的に「でべそ」と呼ばれます。でべそは赤ちゃんによく見られるため、心配する親も多いようですが、ネット上では「自然に治るって聞いたけど本当?」「放置しても大丈夫なのかな」「中学生の娘がでべそを気にしています」「成長してからでも治せるの?」といった疑問の声も上がっています。赤ちゃんの「でべそ」に関するさまざまな疑問について、すぎたファミリークリニック(兵庫県三田市)院長で小児科専門医の杉田亮さんに聞きました。

「嵌頓」戻らなければ手術も

Q.そもそも、「でべそ」とは何でしょうか。

杉田さん「でべその正式名称は『臍(さい)ヘルニア』といいます。へその緒が脱落した後の隙間『臍輪(さいりん)』から、腸管等が飛び出した状態のことで、痛みはありません。

新生児期には多かれ少なかれ、臍輪が存在しますが、1年で80%、2年で90%が自然治癒します。治癒しなかった場合は、1~2歳ごろに手術が必要となることがあります。また、まれではありますが、腸管が臍輪に挟まって外れない状態『嵌頓(かんとん)』が起こって戻らない場合は、緊急手術が必要になります。臍ヘルニアの診断は主に、触診を行って確認します」

Q.でべそになる人(赤ちゃん)の割合はどのくらいですか。また、でべそになりやすい要因(性別など)はあるのでしょうか。

杉田さん「割合としては、新生児のおよそ10人に1人とされています。10人中9人は臍輪が存在したとしても、腸管等が突出するほど大きくなく、臍ヘルニアにはなりません。男女差はありませんが、早産の場合や低出生体重の場合の方が多いといわれています。なお、予防するための方法は特にないと思われます」

Q.多くの場合は自然治癒するとのことですが、他の治療法はあるのでしょうか。

杉田さん「生後3~4カ月目あたりにかけてどんどん大きくなり、ゴルフボール大になることも少なくありませんが、先述の通り、ほとんどのケースで自然治癒します。また、古くから、『圧迫療法』という治療法もあります。飛び出した部分に綿球などを当て、上から防水フィルムを貼って圧迫します。行う期間は1~3カ月間です。フィルムの交換頻度は数日~数週間に1度で、施設によって異なります。近年はこの圧迫療法の効果が見直されていますが、実際に行うかどうかは医師の方針によってまちまちです」

Q.赤ちゃんのでべそについて、病院を受診するタイミングの目安はありますか。

杉田さん「1歳半健診でも遅くはありませんが、1歳になってからの定期予防接種の際、かかりつけ医に相談するのもよいでしょう」

Q.中には成長してもでべそが治らず、思春期を迎えた子どもが、へその見た目や形を気にしているケースもあるようです。子どもが成長してからでも、でべそを治すことはできるのでしょうか。

杉田さん「臍ヘルニアを放置したとしても、先述の腸管が臍輪に挟まって外れない『嵌頓』の状態にさえならなければ問題はないでしょう。ただし、美容の問題もあるので、放置するケースはないと思います。

思春期を迎えた時期に『でべそ』のように見えるのは実は臍ヘルニアではなく、ヘルニア自体は閉鎖したものの、余った皮膚が盛り上がっている状態のことだと思われます。つまり、成長してから『でべそ』と呼ばれているものは皮膚が余って、見栄えが悪い状態を指していることがほとんどです。この場合は美容上の観点から、形成手術が必要かどうか検討することになるでしょう」

(オトナンサー編集部)

杉田 亮(すぎた・りょう)

医師(小児科専門医)

すぎたファミリークリニック院長。1979年生まれ。久留米大学付設高校出身。2006年、大阪大学医学部医学科卒業。大学在学中に休学し、ニュージーランドへラグビー留学をした異色の経歴を持つ。先天性心疾患や小児不整脈、小児心臓移植などに対応する小児心臓血管外科医としてキャリアをスタート。周辺地域の小児夜間診療体制が十分とはいえず、クリニックとしては異例の夜間診療も行っている。

コメント