オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

39歳エリート男性、初デートで“1万2000円”すし懐石ランチを頼まれ交際終了へ

「お茶代や食事代は男性が負担する」のが婚活における暗黙の了解事項。とはいえ、「払ってもらうのが当たり前」だと男性も嫌になってしまうようです。

男性が負担するとはいえ…
男性が負担するとはいえ…

 婚活においては「お見合いのお茶代やデートの食事代を男性が負担する」というのが、暗黙の了解事項になっています。男女平等の社会なのですが、「デート代や食事代を払える男性はかっこいい」という風潮はまだまだ残っているのです。

 そんな状況下で何年も婚活をしていると、男性は女性にお金を払い続けていくことに疲弊していくし、女性の中には、払ってもらうことを当たり前だと思うようになる人たちもいます。今回は婚活中の皆さんに、お金事情を改めて見つめ直していただきたいと思います。

高額デザートセットはアリ?

 マッチングアプリなどでの初めての待ち合わせ場所は、自分で飲み物を買って席に座る形式のカフェが多くなっているようですが、結婚相談所のお見合いはホテルのティーラウンジでお会いするのが一般的です。それが一流ホテルのラウンジだった場合、コーヒー1杯で1500円します。

 先日、男性会員の矢野輝さん(45歳、仮名)が都内の有名ホテルで、戸田祥子さん(38歳、仮名)とのお見合いを終えて、こんな連絡をしてきました。

「今日の女性、メニューを開いてジーッと見ていたので、僕が『決まりましたか?』と聞いたら、『私はこれにします』って言うんですよ。彼女が選んだのがケーキにフルーツが付いたデザートプレートで、それに飲み物がセットになっていて2500円だったんです。

彼女がデザートセットにするのに、僕がコーヒーだけ頼むのはどうかと思って同じものにしたんですね。1時間くらいお話をして、帰りに支払ったのが、デザートセットの代金に消費税とサービス料がついて6000円近い金額でした。6000円出したら結構なランチが食べられますよね」

 さらに、祥子さんからは翌日に「お断り」の返事が来たので、輝さんは憤慨しきりでした。

「まあ、僕もお断りしようと思っていたのでよいのですが、こちらが高いお茶代を出して向こうからお断りって脱力するなあ」

 輝さんがボヤきたくなる気持ちも分かります。コーヒーが1杯1500円するラウンジで、2500円のデザートセットを「私、これにします」と頼んだら、男性がどんな気持ちになるのか。もちろん、男性の方から、「お茶だけでなく、これにしませんか?」と提案があったのなら頼んでもよいと思うのですが。

 女性がこの調子でお見合いをしていたら、よいご縁はどんどん遠ざかっていく気がするのです。

食事を残しても甘い物は別腹

 こんな事例もありました。

 太田雄介さん(37歳、仮名)は吉田恭子さん(32歳、仮名)とお見合い後、交際に入りました。週末にファーストデートの約束をし、雄介さんは「お肉が好き」という恭子さんのために有名なステーキハウスを予約しました。

 デート当日、ステーキ店でメニューを見ながら、恭子さんが言いました。

「私はこれにします」

 選んだのは特上ランクのステーキでした。そこで、雄介さんも同じランクのステーキを頼みました。

 食事をしながら、お互いの趣味や仕事のことなどを楽しく話しました。会話は弾んでいたのですが、後半、恭子さんの食べるスピードが遅くなり、「もうおなかいっぱいになってしまいました」と、ステーキ1切れと少しのご飯を残したのです。

(ステーキはグラムで選べたのだから、その下のグラムを頼めばよかったのに。ご飯も残すなら、注文するときに「少なめにください」と言えばよかったのに)

 雄介さんは心の中で思いました。

 会計を済ませた雄介さんが外に出ていくと、既に店外に出ていた恭子さんが言いました。

「もう本当におなかいっぱい。少し散歩しませんか?」

 その提案に乗って、街をブラブラ散歩しました。すると、商店街にあった一軒のケーキ屋さんの前で、恭子さんが足を止めて言いました。

「ここ、すごく有名なケーキ屋さんで、テレビで紹介されているのを見たことがあります。シュークリームがすごく有名なんですって」

「そうなんですね。じゃあ、今度また来ましょうか。今日はおなかいっぱいでしょう?」

 すると、恭子さんは言いました。

「甘い物は別腹だし、せっかくの機会だから」

「えっ? じゃあ食べますか?」

「はい」

1 2 3

鎌田れい(かまた・れい)

仲人・ライター

雑誌や書籍のライターとして活動。得意分野は、恋愛、婚活、芸能、ドキュメントなど。タレントの写真集や単行本の企画構成も手がけてきた。あるカリスマ仲人を取材したことをきっかけに「ご縁を結ぶ仕事」に興味を持ち、現在は結婚ナビゲーターとしても活動中。婚活のためのレクチャーやイベントも多数開催する。プライベートでは、婚活パーティーで知り合った夫と結婚し、双子の母。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。「最短結婚ナビ公式サイト」(http://www.saitankekkon.jp)、YouTube「仲人はミタ チャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCObGYwIfj_oY-cm9LlnFmdA)。

コメント

10件のコメント

  1. パパ活でもNGっすよ

  2. 男女平等とかいいながら払いは男とか言っちゃう奴はいつまでたっても結婚できない
    そんなに若くも可愛くもない性悪に金と時間をかけるだけ無駄

  3. こんな女性、女でも嫌だわ。
    もう初回は割り勘でいいのでは?

  4. 記事面白かったです。
    うーん、ただ3人とも女性の方に特にデメリットないし、それ以上付き合いを続けるつもりないからやってるのかもしれないですね。
    おごってもらったら女子会で自慢出来そうですし、ダメ元で断られてもそれはそれで話のネタになりそう。やっぱり最初はおごられるのを遠慮しがちな人の方が良いのかもしれない、それ以外の人は地雷の可能性が高くて怖いですね。。

  5. ホント、この手の人には逆の立場に立って考えて欲しい。自分の財布を当てにするヒモ男、自分の事情を考慮しない自己中な男と結婚したいと思うのだろうか?

  6. 「男性はやはり、女性にはごちそうできる器であってほしい」
    素晴らしいお言葉ですね。「女は、男より経済的に劣っている」、「女は、男に寄生する生き物」という女性蔑視な思想の持ち主でないと、今の時代、なかなかこういうコメントを平然と出せないと思います。こういう思想の人間をこの世から完全に駆除しない限り、性差別はなくならないでしょう。この記事をかいたライターおよび、その掲載を許したスタッフには、ただただ呆れるばかりです。

    • 男女関係なく対等な立場で接するならば、割り勘にしましょう
      ……とか言う記事かと思ったら、「まだ結婚するかどうかも分からない関係のうちは、男性の支出をなるべく抑えてあげる配慮も大切です」だって。結婚したらどうなるんだろうね。
      相手の立場になって考えるとか、ごちそうしてもらったら感謝の気持ちを伝えるのは女性としてじゃなくて社会人として最低限のことでしょうが。婚活じゃなくて就活からやり直したら?

  7. デメリットはめちゃめちゃあるのでは?
    やってる本人たちは「得した!」って思ってるんだろうけど、目先の利益しか見えてないと思う

  8. > 仲人の立場から言えば、男性はやはり、女性にはごちそうできる器であってほしいなと思います。
    この考え↑古くないですか?
    男の器という言い分は解らなくもないが時代錯誤も甚だしく思われ、個人的には疲労を感じます。
    喩えると昭和の人に昭和的な考えを主張されて、議論するのも嫌になっちゃう感じ。
    別に奢るのは吝かではないが…友人としてならともかくパートナーとしては落第かな。

    当方は欧州在住なのですが、日本は万事がこんな調子なので男女平等が浸透しないのでしょう
    記事の見合いやデートって将来連れ添うパートナーを探す趣旨ですよね?もし教会で挙式すると
    「病める時も、健やかなる時も、死がふたりを分かつまで愛し、慈しむことを誓いますか?」などと
    訊かれるわけですが、デートで男が奢るべきとか言っている人が、病める夫に寄り添えると思いますか?

    女性側にデメリット無いって声もあるようですが、年収1千万円超の人なんて優良物件だったのでは?
    ただ社会的地位があって高級取りな人は物の値段や人件費などコストの概念が解ってる人のはずで
    分不相応な希望を出したら簡単に見破られるけど

  9. 自分が女だったら初回デートでも割り勘にするわ
    もし奢ってもらったら次奢りますって言う
    共働き当たり前の時代でその感覚ないのヤバいだろ