オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

何でも否定する人が嫌い…でも、相手に寄り添えば大丈夫と思っていた私の悟り 「分かります」

人間関係の中で悟ったことを描いた漫画が話題に。何でもかんでも否定する人が嫌い、でも、相手に寄り添えば、人間関係はうまくいくと考えていた女性ですが…。

人間関係の中で悟ったことを描いた漫画のカット=刹那(stn.chan)さん提供
人間関係の中で悟ったことを描いた漫画のカット=刹那(stn.chan)さん提供

 人間関係の中で悟ったことを描いた漫画がSNS上で話題となっています。何でもかんでも否定する人が嫌い、でも、相手の気持ちや考えに寄り添えば、人間関係はうまくいくと考えていた女性。しかし、あるとき、そうではないことを悟り…という内容で「気持ち、すごく分かります」「割り切れると楽なのかな」「幸せを感じられる人と出会いたいね」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

考えをすべて聞いて、至った結論

 この漫画を描いたのは、刹那(ペンネーム)さんです。イラストレーター・漫画家として活動しています。インスタグラムでイラストやエッセー漫画を発信しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

刹那さん「小学3年生の頃からです! 当時は少女漫画を読んでいて、とてもワクワクした気持ちになったので、自分もそんな気持ちにさせる漫画家になりたいと思い、漫画を描き始めました!」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

刹那さん「10代の頃は、相手の考えていることや価値観に寄り添えば、きっとうまく付き合えるのではないかという考えがありました。しかし、そうとは限らないということを経験し、そのことを漫画にしてみました」

Q.悟るに至ったきっかけは何だったのですか。

刹那さん「昔から、人間関係のことで口論になったりすることが多かったので一度、その人の意見、考え方をすべて聞いてみたのがきっかけです。考えをすべて聞いた上で『この人とは分かり合えない』という結論に至りました」

Q.どのような瞬間に「分かり合えない」と感じるのでしょうか。

刹那さん「この人は『自分の意見を絶対曲げないな』と感じたときです。自分の考えをしっかり持っている人は尊敬しますが、相手のことは一切受け入れず、自分の意見を曲げない人を見ると、分かり合うのは難しいと感じてしまいます」

Q.「分かり合えない」と感じた人とは、どのように距離を取っていますか。

刹那さん「私の場合、LINEや連絡できる手段を全て断ち切りました! 地元で距離を置いている人を見かけたときは、下を向いて気付かれないようにしたり、電車で会えば、寝たフリをするなどして回避していました(笑)」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

刹那さん「いつも読んでいただいてるフォロワーさんに『分かりみが深すぎます! 作者の気持ちがすごく分かります』と共感のコメントを頂きました。すごくうれしかったです!」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

刹那さん「現段階では、自身が体験した恋愛をエッセー漫画にして描いてみたいなと考えています」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

刹那ちゃん

イラストレーター・漫画家として活躍中。イラストやエッセー漫画をインスタグラム(https://www.instagram.com/stn.chan/)やツイッター(https://twitter.com/@stn_chan)、note(https://note.com/stnchan)で発表している。

コメント