オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

【戦国武将に学ぶ】最上義光~北国での躍進支えた先見性、犠牲となった娘の悲劇~

戦国武将たちの生き方から、現代人が学ぶべき点、反面教師にすべき点を、戦国時代史研究の第一人者である筆者が解説します。

山形市内にある最上義光像
山形市内にある最上義光像

 最上氏は足利一門・斯波(しば)氏の分家という名門です。奥州探題だった斯波家兼の子・兼頼が南北朝期、羽州探題として、出羽国最上郡の山形(現在の山形市)に入り、その郡名を名字にして「最上氏」と名乗ったのに始まります。

 しかし、それ以降しばらくは、ただ名門というだけで鳴かず飛ばずの状態が続き、ようやく、義守とその子・義光(よしあき)の代になって、蘆名(あしな)、伊達と並ぶ戦国大名へと成長します。

秀吉の天下、家康の勝利を予見

 義光の妹・義姫が伊達輝宗に嫁ぎ、その2人の間に生まれたのが政宗ですので、義光と政宗は伯父とおいの関係にありました。ところが、最上家と伊達家は国境を接していたため、義光と政宗は何度も戦っています。義姫が兄・義光と息子・政宗が戦い合っている真ん中に輿(こし)を乗り入れ、戦いをやめさせるという一幕もありました。

 義光のすごいところは、その先見性です。山形盆地をほぼ制圧すると、すぐ、庄内平野に打って出ています。肥沃(ひよく)で広大な庄内平野を手にすることが、戦国大名としての最上氏が生き残る道と考えたからでした。

 義光の先見性でもう一つ特筆されることは、関白・豊臣秀吉にいち早く従属を表明したことです。同じ時期、近隣の葛西(かさい)氏や大崎氏が秀吉に最後まで抵抗し、秀吉の「奥州仕置(しおき)」によって滅ぼされたのとは対照的に、秀吉に付き、その力も得て、由利地方も支配下に収め、小田原に参陣して、秀吉から所領を安堵(あんど)されています。

 1600(慶長5)年の関ケ原の戦いのときも、義光は迷うことなく、「勝つ」と見た東軍・徳川家康に付いています。関ケ原までは出陣していませんが、「東北版関ケ原」ともいわれる長谷堂城の戦いで、義光は上杉景勝の執政・直江兼続と戦い、57万石を領することになります。この後、山形城下の町割をはじめ、かんがい治水にも力を入れ、その民政手腕は高く評価されています。

三条河原に散った駒姫

 ところが、そうした先見性が裏目に出てしまうこともありました。娘の駒姫の一件はその好例といっていいでしょう。1591(天正19)年、秀吉がおいの秀次を養子とし、関白職に就けると、義光は「豊臣政権は秀次が引き継ぐ」と考え、秀次に急接近します。何と、自分の娘・駒姫を秀次の側室に差し出したのです。

 しかし、その直後、秀吉と淀殿の間に秀頼が生まれ、いわゆる「秀次事件」が起きます。「秀頼に家督を譲りたい」と考える秀吉によって、秀次は高野山に追放され、そこで切腹させられます。そればかりか、秀次の妻子の多くが京の三条河原で処刑され、その中に駒姫も含まれていたのです。義光は自分の野望のために娘を犠牲にしてしまった形でした。

 実はもう一つ、裏目に出たというわけではありませんが、義光の先見性に絡んだ策謀の結果、身内を犠牲にする出来事がありました。義光は長男・義康を手元に置き、次男・家親を徳川家康の人質に、三男・義親を豊臣秀頼の人質に出していました。徳川が勝っても豊臣が勝っても、最上家は生き残ることができるという、したたかな計算です。ここまでは、他の大名も同様のことをしていますので驚きませんが、驚くのはその先です。

 義光は、家康のところに人質として出していた次男・家親が家康に気に入られている様子を見て、「家親に家督を譲ろう」と考え、1611(慶長16)年8月、長男・義康を殺したのです。こうして、2人の子どもの犠牲によって、近世大名として生き残ることになった義光自身は1614年に亡くなります。

 義光の死からわずか8年後の1622(元和8)年、家親の子・義俊のとき、内紛によって所領を没収され、最上家はその後、家格が高い「高家」ではあるものの旗本に格下げされ、明治維新に至ります。

(静岡大学名誉教授 小和田哲男)

【写真】最上義光ゆかりの「山形」

画像ギャラリー

小和田哲男(おわだ・てつお)

静岡大学名誉教授

1944年、静岡市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、静岡大学名誉教授、文学博士、公益財団法人日本城郭協会理事長。専門は日本中世史、特に戦国時代史。著書に「戦国の合戦」「戦国の城」「戦国の群像」(以上、学研新書)「東海の戦国史」「戦国史を歩んだ道」「今川義元」(以上、ミネルヴァ書房)など。NHK総合「歴史秘話ヒストリア」、NHK・Eテレ「知恵泉」などに出演。NHK大河ドラマ「秀吉」「功名が辻」「天地人」「江~姫たちの戦国~」「軍師官兵衛」「おんな城主 直虎」「麒麟がくる」の時代考証を担当している。オフィシャルサイト(https://office-owada.com/)、YouTube「戦国・小和田チャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCtWUBIHLD0oJ7gzmPJgpWfg/)。

コメント