オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

ただの迷信? それとも…「暗い所で本を読むと目が悪くなる」のは本当か

子どもの頃、「暗い所で本を読むと、目が悪くなるよ」と言われた経験がある人は多いと思います。実際はどうなのでしょうか。

暗い場所で読書をすると…
暗い場所で読書をすると…

「暗い所で本を読むと、目が悪くなるよ」

 子どもの頃、親や周囲の大人にこう言われた経験がある人は多いのではないのでしょうか。読書の他にも、暗い部屋でパソコン作業やゲーム、スマホの操作、テレビの視聴などを行うこともあると思いますが、ネット上では「本当に目が悪くなるのかな?」「目によくないだろうなというのは何となく分かる」「迷信だと思っていたけど、実際はどうなんだろう」「暗い部屋でパソコン作業すると、確かに目がいつもより疲れる気がする」など、さまざまな声が上がっています。

 暗い所で読書をすると目が悪くなるのは本当でしょうか。かわな眼科(千葉県松戸市)の川名啓介院長に聞きました。

近視進行のリスクに

Q.通常、明るい所で読書やパソコン作業、ゲーム、スマホの操作、テレビの視聴などをしているとき、人間の目はどのような状態なのでしょうか。

川名さん「明るい所で作業をするときは瞳孔(瞳)が適度に収縮し、目に入る光の量を調節しています。光が多過ぎるとまぶしく、少な過ぎると見えないからです。その上で、見たい物にピントが合うよう、『毛様体筋』という目の中の筋肉が働くことで物を見ています」

Q.一方、暗い所で同様の作業をした場合はどうでしょうか。

川名さん「これは読書とその他の作業とで違いがあります。暗い所で読書をする場合、人間の目は光を多く取り入れようとして、瞳孔が大きくなります。すると、ピントがやや合いにくくなるため、暗い所では読書がしづらくなるのです。また、暗い所では字がはっきりしなくなるため、しっかり見ようとして本と目の距離が近づきやすくなります。

近くを見る負荷が強くなると近視が進みやすくなるので、『暗い所で本を読むと目が悪くなる』といわれるのです。さらに、暗い状態ではピントをしっかり合わせるために毛様体筋が働き過ぎることがあり、眼精疲労の原因となります。

一方、パソコンやゲーム、テレビなどはそれ自体が光を発しているので、目に対しては大きな弊害はありません。しかし、暗い所でテレビなどの明るいものを見ると『光刺激性てんかん』を起こす人がいます。以前、あるテレビ番組を見ることで、子どものてんかん発作が多数誘発された事例があります。周りが暗いのに画面だけが明るいと刺激が強く、頭が混乱しやすくなると考えられます」

Q.つまり、「暗い所で読書をすると目が悪くなる(視力が低下する)」のは事実ということでしょうか。

川名さん「事実といえると思います。近視の進行に関する最近の研究の結果、近くを見る機会が多いことや都市部での生活、野外での活動時間が短いことなどが近視の進行に影響を及ぼすことが分かってきました。暗い所で読書をすると、明るい状態よりもさらに近くで見る可能性が高くなり、近視が進むリスクとなります」

Q.「暗い所でパソコン作業をすると、いつもより目が疲れる」という自覚がある人もいるようですが、こうしたことは実際に起こり得るのでしょうか。

川名さん「暗い所でのパソコン作業は周囲の光の量に対して、ディスプレーが相対的に明るくなります。そのこと自体が眼精疲労を起こすという根拠はありませんが、周囲の刺激が少ない状態でパソコン作業をすることで、より集中して長い時間、かつ同じ距離のものを見ていることになります。その結果、目のピント調整をする毛様体筋が過緊張を起こし、眼精疲労や頭痛を感じやすくなります。

また、パソコンやテレビを見ているときはまばたきも少なくなります。そうするとドライアイを引き起こし、目の違和感や疲れを誘発してしまいます。パソコン作業の際には意識的に休憩を挟み、遠くを見るなどして目を休めることが大切です」

Q.暗い所で読書などをすることによって、特に視力が低下しやすい人、または目の疲れが出やすい人の特徴はありますか。

川名さん「近視の進行はおおよそ、20代半ばで止まります。逆にいうと、それより若い人が長時間、近くを見ることは近視の進行を早めます。40歳以降になり、近視が急に進む場合は白内障の可能性もあります。

目が疲れやすいのは近視よりも遠視の人です。近視は眼鏡やコンタクトレンズを使用せずとも、近くの一点にピントが合う状態です。一方で、遠視は何もしないと遠くにも近くにもピントが合わない状態なのですが、目のレンズにあたる『水晶体』の厚みを無意識のうちに調節してピントを合わせています。

そのため、40歳以下の場合は『遠くも近くも裸眼でよく見える』状態です。おおよそ40歳を過ぎてくると調節力が弱まり、近くを見るために目の力を多く使うようになります。従って、遠視の人の方が眼精疲労を感じやすくなるのです。

40歳を過ぎて、『読書などで目が疲れやすくなった』と感じたら、近くを見るための眼鏡やリーディンググラス(老眼鏡)を早期に使うと慣れやすく、かつ疲れにくくなるのでおすすめです。近視で眼鏡を使っている人も40歳以降は近くを長時間見ると疲れることがありますが、早めに遠近両用眼鏡を使うと緩和されます」

1 2

川名啓介(かわな・けいすけ)

医師(眼科)

医療法人社団かわな眼科院長・理事長。1999年、筑波大学医学専門学群卒業。筑波大学付属病院、日製日立総合病院、総合病院土浦協同病院勤務を経て、2006年から筑波大学大学院人間総合科学研究科講師となる。2009年、かわな眼科を開設。「快適な目で、人生に潤いを」を目指し、患者さんに分かりやすい医療を提供することを目指している。専門分野は白内障、緑内障。かわな眼科(https://kawanaganka.com/)。

コメント