オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

私は夫の付属品…専門卒妻を沈黙させる高学歴夫の「モラハラ洗脳」

福原愛さんの夫の「モラハラ疑惑」、愛さんの「不倫疑惑」がメディアをにぎわせています。「モラハラ夫」の実態とは、どのようなものでしょうか。

福原愛さん、夫の江宏傑さん(2017年1月、時事)
福原愛さん、夫の江宏傑さん(2017年1月、時事)

 卓球女子・元日本代表の福原愛さん夫妻の話題がメディアをにぎわせています。結婚前からラブラブな様子が報道されていた夫婦だけに、夫の「モラハラ疑惑」と愛さんの「不倫疑惑」は刺激が強いニュースです。

 このニュースが出てからというもの、私の元に「“モラハラ夫”って本当にそんなにいるものですか?」「うちの夫のケースもモラハラになりますか?」という問い合わせが多く寄せられています。そこで今回は「モラハラ夫」の現実をご紹介しましょう。

「学歴」で見下す夫

 モラハラ行為をする夫は家庭内でしか、その“顔”を見せていないケースが圧倒的多数です。表の顔を知っている人がその言動を知ると「まさか、そんなことをあの人が?」と驚くことがよくあります。

 仲が良かった義理の両親に妻が「ある日、夫にこんなことを言われた」とモラハラ話をしたら、「あんなに優しい○○がそんなことを言うわけがないわ。もし本当なら、あなたが何かしたのでしょう」と言われ、一気に義父母と距離ができてしまったという話も聞きます。親やきょうだいもそんな姿を見たことがない、社会的には普通の人、しかし、実態は…というケースです。

 2つの事例を見てみましょう。

 佳代さん(仮名、36歳)は30歳のとき、3つ年下の夫と結婚しました。共通の趣味であるサーフィンがきっかけで知り合い、順調な交際期間を経て、お互いの友達とも仲良くなります。家に友人を招いて、パーティーをすることもしばしば。

 2人の子宝に恵まれ、お互いの両親とも円満で都内に家も購入。長い休みには家族旅行も欠かさない、いわゆる、「周囲もうらやむ幸せ家族」に見えました。しかし、実際は夫にばかにされ続ける毎日でした。

 高学歴の夫は、専門学校卒の佳代さんを最初から見下していたようです。「佳代は本当にばかだな」「何でそんなことも知らないの?」「これ常識でしょ」という上から目線の言葉を結婚前から言われていました。しかし、佳代さんは「彼は頭がいい。年下だけど頼りになる」と逆に良い印象を持っていたのです。

 結婚後、夫の高飛車態度はますますエスカレート。特に、子どもが生まれてからは佳代さんの意見は全て却下。子育てに関して、一切意見を言えない状態でした。

 例えば、「地元のお友達と伸び伸び遊ばせたいから、お受験をさせる必要はない」と思っていた佳代さん。しかし、受験させる派の夫は「佳代みたいな何も分かっていない大人になったら、結衣(仮名、3歳)が損する。おまえはたまたま、俺と結婚できたからいいけど、普通は高学歴同士が結婚するものだし」と言い放ちます。佳代さんは全く反論できませんでした。

 モラハラ夫たちの共通点は、パートナーの人格を否定しているという自覚が全くないことです。今どき、職場で言えばパワハラだと訴えられるような威圧的なせりふを日常的に家庭で口にします。全てにおいて否定され続けた佳代さんはいつしか、「自分は価値のない人間なんだ」と思うようになりました。

 ある日、佳代さんの友人が「旦那にね、『おまえ、ばかじゃないの?』って言われて、めちゃくちゃ腹が立って家出しようかと思った」と話しました。「えー、うちなんてしょっちゅうだよ」と話す佳代さんに友人は「その状態はおかしい」と指摘したのです。

「あなた、腹は立たないの?」と問われ、「自分がばかだからしょうがないとのみ込んでいる」と告げると、友人は「それって、モラハラ洗脳じゃない? このままだと、うつ病になるよ」。佳代さんはその後、私の運営する恋人・夫婦仲相談所に来ました。

 佳代さんは美容師の資格を持っていましたが、現在は専業主婦。自分は稼いでもいないし、社会の役にも立っていない。何の価値もない、夫の付属品のような存在だと感じていたといいます。子育てに関しても「夫に言われるがまま、子どもの世話をしている」という感覚。

 私は「今はまだ耐えられているけど、爆発するときが近づいている」とアドバイスしました。子どもは、父親が母親を見下しているのを見て成長していきます。「『そんなもんか』と疑わずに成長したらどうしますか?」と。

 子どもが家を離れると、夫婦2人きりの張り詰めた日々を送ることになるので、いざというときのために自立の準備をしておくこと。そして、夫に「ばか」「何も知らない」と否定されて傷ついていると伝えるよう告げました。佳代さんはそれを実行し、夫に「ばかと言わないでほしい」と伝えましたが、夫は全く相手にせず、態度は変わらないそうです。

1 2

三松真由美(みまつ・まゆみ)

恋人・夫婦仲相談所 所長(すずね所長)・執筆家

夫婦仲・恋仲に悩む女性会員1万3000名を集め、「結婚・再婚」を真剣に考えるコミュニティーを展開。セックスレス・ED・女性の性機能に詳しく、性を通して男女関係をよくするメソッドを考案。20代若者サークルも運営し、未婚世代への結婚アドバイスも好評を呼ぶ。恋愛・夫婦仲コメンテーターとしても活躍中。著書は「夫婦の『幸せ循環』を呼ぶ秘訣」(講談社)「モンスターワイフ」(同)「40歳からの女性ホルモンを操る53の習慣」(扶桑社)「堂々再婚」(wave出版)など多数。コミック「『君とはもうできない』と言われまして」(KADOKAWA)の監修も手掛ける。恋人・夫婦仲相談所(http://fufunaka.com/)、公式LINEアカウント(https://lin.ee/oTQa13s)、公式note(https://note.com/suzune_16)。

コメント