オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

お見合いで「この人!」 “第六感婚”した女性を待っていた裏切りという末路

初対面時に「運命の相手だ!」と直感して、そのまま結婚に至る夫婦が少なからずいます。そんなカップルは果たして、永遠に幸せでいられるのでしょうか。

「運命の出会い」で結婚、幸せになれる?
「運命の出会い」で結婚、幸せになれる?

 平成の時代、「ビビビ婚」という言葉がありました。歌手の松田聖子さんが結婚を決めた理由を「ビビビと来た」と表現したのです。「運命の相手だと直感した」ということでしょう。最近では、俳優の柄本佑さんがある番組で、妻で女優の安藤サクラさんとの初対面時に「この人と多分、結婚するなと思った」と話していました。

 このように、初対面時の直感から結婚に至る夫婦は少なからずいます。恋愛や結婚の相手を探す際は本来、五感を研ぎ澄ますことが大事です。視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚。どれも恋愛要素に欠くことはできません。ところが、見た目は好きなタイプではない、触れた感じもイマイチ…でも、この人と一緒にいたいと五感以外がささやく。それを「運命の出会い」と感じる人もいます。

 五感以外の“第六感”に従って結婚する、いわば「シックスセンス婚」。初対面時に「この人と結婚するかも…」と直感したシックスセンス婚カップルは果たして、永遠に幸せなのでしょうか。実例を紹介します。

「結婚すべき相手」だったはずが…

 信子さん(仮名、60代)は小学生の頃から、「22歳で9歳年上の男性と結婚する」と信じていたそうです。子ども向け雑誌の占いに書いてあったのか、大好きな漫画の主人公がそうだったのか、子ども時代のインプットが彼女の恋愛観を形成しました。

 20代前半の時期、信子さんは職場の同僚だった男性にプロポーズされました。当時は「交際の申し込み=結婚を前提としたプロポーズ」だったようです。その同僚はとても優しくて真面目な男性でしたが、年齢は信子さんの3つ上。9歳上ではありません。そのため、信子さんはお断りしたそうです。徹底して運命を信じる性格でした。

 その後、信子さんにお見合い話が持ち上がります。その男性はまさかの9歳年上。ワクワクしながら、お見合い場所に直行し、会った瞬間、まさに「この人!」とシックスセンスが訴えてきました。そして、2人は結婚します。

 彼はいわゆる「THE 昭和男」でした。家事や育児は一切やらず、仕事ばかり。部下を引き連れ、酔っぱらって帰ってきて、部下をもてなすことは日常茶飯事。さらに、モラハラ的な言葉も浴びせます。しかし、信子さんは「自分が結婚すべき相手と結婚した」と信じ切っていました。3人の子どもたちにも「ママは大好きな相手と結婚したから幸せだ。結婚するなら、自分が大好きだと思う人と結婚しないと不幸だよ」と言っていました。

 しかし、子どもたちが思春期を迎えた頃のこと。夫の帰りが遅いある晩、一本の電話がかかってきました。娘が出ると、電話の相手は女性。「お母さんいる?」と言われ、信子さんが代わると「あなたの旦那、今どこにいると思う? うちにいるのよ」。電話を切った後、娘たちは「パパは格好いいし、浮気してもしょうがないよね」と言います。

 信子さんは「パパは真面目な人だから、絶対にそんなことしないよ」と言い切りましたが、夫から連絡はなく、眠れない夜を過ごします。翌朝、帰ってきた夫を信子さんはとがめませんでした。

 その後、電話はなく、平穏な歳月が過ぎ、子どもたちは成人して独立。信子さんは義両親の介護のために夫の実家で暮らすことになりました。ワンオペ介護の中、また一本の電話が信子さんの携帯にかかってきました。相手は女性で「あんたが健さん(仮名)と離婚しないから、健さんは不幸なのよ。さっさと離婚しなさいよ」と怒鳴る声。動揺した信子さんはすぐ、夫の携帯に電話します。

 夫は浮気相手だと認めました。ただ、「さっき別れ話をした」と言います。それに逆上した女性が信子さんに電話してきたのです。信じてきた夫の裏切り行為によって、過去のいろいろなことも全て信じられなくなった信子さん。夫は謝りましたが、自分の人生全てが否定された気になってしまいました。信子さんは「裏切り夫の親の介護をするなんて、お人よし過ぎる」と情けなくなり、離婚の道を選びました。

1 2

三松真由美(みまつ・まゆみ)

恋人・夫婦仲相談所 所長(すずね所長)・執筆家

夫婦仲・恋仲に悩む女性会員1万3000名を集め、「結婚・再婚」を真剣に考えるコミュニティーを展開。セックスレス・ED・女性の性機能に詳しく、性を通して男女関係をよくするメソッドを考案。20代若者サークルも運営し、未婚世代への結婚アドバイスも好評を呼ぶ。恋愛・夫婦仲コメンテーターとしても活躍中。著書は「夫婦の『幸せ循環』を呼ぶ秘訣」(講談社)「モンスターワイフ」(同)「40歳からの女性ホルモンを操る53の習慣」(扶桑社)「堂々再婚」(wave出版)など多数。コミック「『君とはもうできない』と言われまして」(KADOKAWA)の監修も手掛ける。恋人・夫婦仲相談所(http://fufunaka.com/)、公式LINEアカウント(https://lin.ee/oTQa13s)、公式note(https://note.com/suzune_16)。

コメント