オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • 「美容室で雑誌代わりにタブレットを渡された」に共感の声、美容師さんの反応は?

「美容室で雑誌代わりにタブレットを渡された」に共感の声、美容師さんの反応は?

美容室で雑誌の代わりに「タブレット」を渡されたというツイートに、「すごく分かる」など共感の声が続々。こうした意見を街の美容室はどのように受け止めるでしょうか。

美容室でタブレット。あなたは賛成?

 美容室に行ったところ、雑誌ではなく「タブレット」を渡され「好きなものを読んで」と言われた——。このような趣旨のツイートに対して「新しい」「雑誌は重くて疲れる」「すっごく分かる」といった共感の声や、「雑誌代を節約できる」「ゴミが出ない」など、美容室側のメリットを指摘する意見がたくさん寄せられました。

 それでは、街の美容室はこうした意見をどのように受け止めるでしょうか。オトナンサー編集部が、東京・銀座の美容室「Shell Bear」に取材しました。

場所を取らずに好きな物が読める

 西谷麻美子店長によると、同店では現在「CLASSY.」「Domani」などのファッション誌のほか、旅行系や飲食系の雑誌を用意し、定期購読以外のチョイスは買いに行くスタッフに委ねています。入れ替えは月1回で、不要になったものは廃棄しているそうです。

「基本的に、お客様の実年齢に近いもの、または少し下の世代の雑誌をお渡ししています。施術中に読まれる方は多いですね」(西谷さん)

 SNS上でタブレットを押す声が多いことについて、美容業界の当事者はどのような感想を抱くでしょうか。

「タブレットはとても良いと思います。今後、タブレットを置くお店が増えていくのでは。当店は現在置いていませんが、前向きに検討しているところです。場所が要らないこと、お客様に好きな物を読んでもらえることがメリットでしょう」

 一方、デメリットとして考えられるのは、初期費用や故障時の修理代とのこと。これらのハードルを乗り越えて今後、タブレットを置く美容室は増えていくでしょうか。

(オトナンサー編集部)

西谷麻美子(にしたに・まみこ)

美容室「Shell Bear」店長

髪がきれいになるカット、ヘアアレンジのスペシャリスト。メーク講師経験を生かした、女性目線でのアドバイスに定評がある。得意技術は“大人かわいい”ボブやミディアム。趣味は「美酒美食巡り」。美容室「Shell Bear」(http://shellbear.com/)。