オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「低身長の女性は帝王切開になることが多い」、実際のところは?

自然分娩のリスクが大きいと判断された場合に選択される「帝王切開」について、「低身長の女性は出産時、帝王切開になることが多い」というネット情報があります。事実でしょうか。

身長が低いと帝王切開になりやすい?
身長が低いと帝王切開になりやすい?

 何らかの理由や事情により、自然分娩のリスクが大きいと判断された場合に選択される「帝王切開」。手術日があらかじめ決められるケースと、自然分娩中に何らかの問題が生じたことによって緊急に行うケースがありますが、ネット上では「小柄な女性は帝王切開になる可能性が高いって聞いたことがあるけど本当?」「低身長だったからか、早々に帝王切開が決まった」「身長150センチ未満だと自然分娩は難しいのかな」など“身長”による帝王切開の可能性を気にする声や体験談が多く上がっています。

 低身長の女性は出産時、帝王切開になることが多いのは本当でしょうか。実際を産婦人科医の尾西芳子さんに聞きました。

骨盤が小さいことによる「児頭骨盤不均衡」

Q.まず、帝王切開について教えてください。

尾西さん「帝王切開とは、お母さんのおなかを切開して、赤ちゃんを取り出す手術のことです。以前は下腹部を縦に切開していましたが、最近では美容の観点もあり、横に切開することがほとんどです。

分娩時に、赤ちゃん、またはお母さんの状態が悪い場合の他、お母さんや赤ちゃんに異常がない場合でも、多胎(双子や3つ子など)▽骨盤位(逆子)▽赤ちゃんが大きいか、お母さんの骨盤が小さい『児頭骨盤(じとうこつばん)不均衡』▽巨大児▽陣痛が弱まるなどして分娩が途中で止まってしまう『分娩停止』▽早産▽子宮の手術歴▽子宮筋腫がある――場合などは帝王切開を行います」

Q.「低身長の女性(小柄な女性)は出産時、帝王切開になりやすい」といわれているようですが、これは事実でしょうか。

尾西さん「事実です。分娩の際、赤ちゃんはお母さんの骨盤を通って出てきます。通常、赤ちゃんの頭の大きさにはさほど違いがないのですが、低身長の女性は背の高い女性に比べて骨盤が小さいため、そこを通ろうとすると、赤ちゃんの頭が引っかかって通れないということが起こるのです。医学的には『児頭骨盤不均衡』といい、帝王切開の対象になります」

Q.小柄な妊婦さんで、自然分娩(経膣分娩)を希望できるケースもあるのでしょうか。また、産婦人科医はその判断をどうやって行うのですか。

尾西さん「『お母さんが小柄だから即、帝王切開』ということはありません。あくまでも、赤ちゃんの大きさとお母さんの骨盤の大きさの相対的な評価によります。そのため、よく、『夫婦の身長差がある(夫の身長が高い)と帝王切開の可能性が高い』などという話も耳にしますが、これは夫婦とも小さければ赤ちゃんも小さいのが一般的ですが、『お父さんが大きいと赤ちゃんが大きい可能性があるため』ということです。

また、骨盤が張っている『女性型』や、すらっとして細い『男性型』など、お母さんの骨盤の形態にもよるため、事前にお母さんの骨盤のエックス線検査を行い、超音波で計測した赤ちゃんの頭の大きさと比較して、スムーズに通り抜けることができるかを判断します。ただ、実際は自然分娩にトライしてみないと分からないことも多く、分娩の途中で帝王切開になることもあります」

Q.ネット上では「小柄な妊婦さんは帝王切開に備えて民間保険に入っておいた方がよい」との声もあります。帝王切開になることで増える負担額について教えてください。

尾西さん「自然分娩は『病気ではない』という認識なので、公的保険や民間保険の適用対象にはなりません。そのため、かかった費用の全額が自己負担になります。日本全国の出産費用の平均は51万円程度ですが、加入している健康保険や国民健康保険から、『出産育児一時金』として42万円が受け取れるので、単純に計算すると約9万円の自己負担となります。ただし、無痛分娩や個室を希望した場合は追加料金がかかります。

帝王切開の場合、これにプラスして、検査や手術、麻酔などの費用がかかってきます。こちらは公的医療保険が適用されるため、自己負担金は3割になりますが、自然分娩と比べると自己負担金は平均して10万円程度増えます。それに備えるためということで、民間保険に入っておいた方がよいという声があるのでしょう。

加入する場合は『妊娠する前』に加入しておきましょう。妊娠してから加入すると掛け金が高くなる他、帝王切開に伴う入院や手術は補償の対象外となる場合も多いです。医療保険なので、妊娠・出産関係だけでなく、さまざまな病気・けがによる入院や手術の補償をしてくれますから、学校を卒業して働き出したら、加入しておいてもよいかもしれません」

Q.ネット上では「身長150センチ未満なので、帝王切開になるのかなと思うと不安」「身長が低いけど、できれば自然分娩で産みたい」など、身長と出産に関して不安を抱える女性の声も聞かれます。

尾西さん「近年、産科医の減少や医療訴訟の増加などの理由で、少しでもリスクがある場合は予測不可能な自然分娩を避け、帝王切開を行うことが増えています。しかし、身長だけで帝王切開にするか否かを判断するということはなく、妊娠前から過度に不安に思う必要はありません。分娩方法については主治医とよく相談しましょう。

ただ、分娩はお母さん、赤ちゃんの双方にとって命懸けです。どう計測しても自然分娩が不可能な場合は、帝王切開をおすすめすることもあります。その場合は『元気な赤ちゃんを迎えること』を一番に考えましょう」

(オトナンサー編集部)

尾西芳子(おにし・よしこ)

産婦人科医(日本産科婦人科学会会員、日本女性医学学会会員、日本産婦人科乳腺学会会員)

2005年神戸大学国際文化学部卒業、山口大学医学部学士編入学。2009年山口大学医学部卒業。東京慈恵会医科大学附属病院研修医、日本赤十字社医療センター産婦人科、済生会中津病院産婦人科などを経て、現在は「どんな小さな不調でも相談に来てほしい」と、女性の全ての悩みに応えられるかかりつけ医として、都内の産婦人科クリニックに勤務。産科・婦人科医の立場から、働く女性や管理職の男性に向けた企業研修を行っているほか、モデル経験があり、美と健康に関する知識も豊富。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/yoshiko-onishi/)。

コメント