オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • お祭りや花火の後に! 「浴衣」の洗濯方法を徹底解説

お祭りや花火の後に! 「浴衣」の洗濯方法を徹底解説

夏はお祭りや花火の季節。これらのイベントに欠かせないのが「浴衣」ですが、着た後の浴衣を普段どのようにお手入れしていますか。ここでは、自宅で洗える浴衣とその方法について解説します。

夏のイベントに欠かせない浴衣

洗える浴衣の見分け方と注意点

 お祭りや花火大会など、夏のイベントにぴったりな装いの「浴衣」ですが、皆さんは浴衣を着終わった後、どのようにお手入れをしていますか。自宅で洗濯してよいのか分からず、いつもクリーニングに出している方も多いのではないでしょうか。今回は、自宅で洗える浴衣の見分け方とその洗濯方法について、東京・旗の台にある三共クリーニングの田村嘉浩社長に聞きました。

 まず、手元にある浴衣をどのように洗えばよいのかは、洋服と同じく洗濯表示を見れば分かります。多くの場合、内側に洗濯表示のタグがあるので、まずはタグを確認し、「手洗い」か「洗濯機OK」のマークがあれば自宅で洗濯可能です。

 自宅で浴衣を洗濯する際の基本的な注意点は以下の通りです。

(1)ポリエステル以外の浴衣は色が出やすく、自宅での洗濯には不向きです。洗う場合は手洗いが基本。色移りを防ぐため「1点洗い」が原則です

(2)「黒」「紺」「赤」「緑」「黄色」などの浴衣は、水(お湯)に浸けると色が出るため要注意です

(3)再汚染防止のため、普段よりも高濃度の洗剤(粉石けんがベスト)を使用します。すすぎは3~5回行います

(4)長時間濡れたままにしておくと、柄同士の色が混ざって色移りすることもあるため(=色なき)、十分に脱水します

(5)濡れているうちに手でよく伸ばします

(6)干す時は、袖をしっかり伸ばせる着物用ハンガーを使用し、風通しの良いところに置くか、扇風機を当ててなるべく早く乾燥させます

(7)乾燥しきる前に、平たいアイロン台(マットが硬い方がよい)の上で浴衣をずらしながらアイロンをかけます。着用中クタクタにならないように洗濯のりを効かせます

1 2 3 4 5

田村嘉浩(たむら・よしひろ)

三共クリーニング社長

東京・旗の台で1927年から続く三共クリーニングの3代目社長として、テレビや雑誌など各種メディアで活躍する。クリーニング技術を研究する、NPO法人「日本繊維商品めんてなんす研究会」事務局長も務める。お客さまのファッションケアに関する難問を解決するため、洗濯・クリーニングに関する相談などを受け付け、広くクリーニング技術の啓蒙に力を注いでいる。三共クリーニング(http://www.sankyo-c.com/)。