オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

喉に“魚の骨”が刺さったら…「ご飯をかまずに丸のみしなさい」教えは本当?

喉に「魚の骨」が刺さったとき、「ご飯をかまずに丸のみしなさい」と言われた経験のある人も多いと思います。この方法、本当に有効なのでしょうか。

魚の骨が刺さったら…
魚の骨が刺さったら…

 焼き魚や煮魚を食べているとき、喉にチクッとした痛みを感じて、「骨が刺さったかも」と焦った経験がある人は多いのではないでしょうか。

 喉に「魚の骨」が刺さったときの対処法としてよく聞くのが「ご飯をかまずに丸のみする」です。親や祖父母から教わったり、実際に丸のみさせられたりした人もいると思いますが、ネット上では「本当に丸のみして大丈夫?」「逆に危なくない?」「昔、おばあちゃんに言われて丸のみしたときは結局取れなかった気がする」と効果を疑問視する声や、「あの違和感がしばらく続くときは病院に行こうか悩む」など、骨が取れないときにどうすればよいか迷うという声もあります。

 喉に「魚の骨」が刺さったとき、「ご飯を丸のみする」方法は本当に有効なのでしょうか。内科医の市原由美江さんに聞きました。

タイやサケなら出血可能性も

Q.魚の骨が刺さると、喉はどんな状態になると考えられますか。

市原さん「骨が喉や食道に刺さってしまうことがあるのは、魚をよくかまずにのみ込んだ場合です。症状としては喉の違和感や痛み、食べ物をのみ込んだときの痛みがあり、場合によっては出血もあり得ます。サンマやアジ、ウナギなどの細かい骨は深く刺さりにくいので、出血を伴うことは少ないですが、タイやサケ、ブリなどの太くてしっかりした骨の場合、刺さった場所や深さによっては出血する可能性があります」

Q.喉に骨が刺さったと思われるとき、「ご飯をかまずに丸のみする」「ご飯をできるだけたくさんのみ込む」方法は実際に有効といえますか。

市原さん「確かに、昔からそう言われてきましたが、実際はご飯を丸のみすることで骨がより深く刺さってしまい、悪化する可能性があるため、現在は推奨されていません。特に、子どもや高齢者は嚥下(えんげ)機能が弱いため、よくかまずに丸のみするのは危険です。窒息や誤嚥(ごえん)性肺炎を起こす可能性があります」

Q.丸のみの他、「水を勢いよく、ゴクンと飲み込む」「うがいをする」「せきをする」「箸や自分の指を突っ込む」などの方法で、自力で取ろうとする人もいるようですが、これらの方法はどうでしょうか。

市原さん「水を飲んだり、うがいをしてみたりすることは、小さな骨であれば取れる可能性もありますし、状態が悪化する危険性はないので試してみてもよいと思います。せきをすることは、あまり意味はないでしょう。箸や指などを使って自分で取り除こうとすることは、粘膜を傷つける可能性があるのでやめましょう」

Q.「骨が喉に刺さったまま放置しても、喉で自然に溶けるから大丈夫」と考える人もいるようですが、事実でしょうか。

市原さん「小さな骨であれば、数日以内に自然に取れることはよくありますが、骨が自然に溶けてなくなることは考えにくいです」

Q.魚を食べた後、激しい痛みはないものの、何となく喉に違和感がある状態がしばらく続くケースもあるようです。このようなとき、どうするのがよいでしょうか。

市原さん「骨が取り除かれていても違和感が続くことはありますし、骨が刺さったままで違和感が持続していることもあるので、自分で判断するのは難しいと思います。2、3日たっても改善しないようなら、耳鼻咽喉科を受診してください。

ちなみに、最初にかかりつけの内科や小児科を受診する患者さんもいますが、基本的には対応できないと考えてください。そもそも、耳鼻咽喉科以外には、喉の奥を見る器具などがないためです。喉に骨が刺さったときは必ず、耳鼻咽喉科を受診しましょう」

Q.病院をすぐに受診した方がよい状態の目安はありますか。

市原さん「骨の太さや長さにもよりますが、先述の通り、サンマやアジ、ウナギなどの細かい骨の場合は深く刺さる可能性は低いので、数日様子をみてもよいです。心配であれば、耳鼻咽喉科を受診するのがよいですが、夜中であれば、翌日以降の受診にするなど特段急ぐ必要はありません。ただし、痛みが強い場合は別です。

一方、タイやサケ、ブリなどの太くて長い骨を持つ魚の場合は、出血や炎症などの可能性があるので、すぐに耳鼻咽喉科を受診してください。夜中であれば、救急病院に相談しましょう」

Q.子どもが魚を食べる際、親が気を付けるべきポイントとは。

市原さん「子どもの場合、自分の異常をうまく訴えることができないので、特に注意が必要です。魚を食べている途中やその後にご飯を食べなくなったり、のみ込まなくなったりした場合は、骨が刺さっている可能性を疑わなければいけません。他にも、痛がることが続いたり、発熱したりした場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診してください」

(オトナンサー編集部)

市原由美江(いちはら・ゆみえ)

医師(内科・糖尿病専門医)

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック副院長。自身が11歳の時に1型糖尿病(年間10万人に約2人が発症)を発症したことをきっかけに糖尿病専門医に。病気のことを周囲に理解してもらえず苦しんだ子ども時代の経験から、1型糖尿病の正しい理解の普及・啓発のために患者会や企業での講演活動を行っている。また、医師と患者両方の立場から患者の気持ちに寄り添い、「病気を個性として前向きに付き合ってほしい」との思いで日々診療している。糖尿病専門医として、患者としての経験から、ダイエットや食事療法、糖質管理などの食に関する知識が豊富。1児の母として子育てをしながら仕事や家事をパワフルにこなしている。オフィシャルブログ(https://ameblo.jp/yumie6822/)。

コメント