オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「こんな女性と結婚しても…」 容姿抜群32歳女性がお見合いで“お断り”された理由

お見合いで「交際希望」をもらえるチャンスが多い人とは――。容姿がいい人? 年収がいい人? いえ、一番大切なのは「会話力」のようです。

お見合いの成否を決定するのは…
お見合いの成否を決定するのは…

 お見合いで、お相手から「交際希望」を頂ける確率が高いのは、どんなタイプだと思いますか? 容姿や年収などの条件がよい人? 確かにそうした条件も大切かもしれません。でも、一番は会話力のある方です。どんな会話をしたらよいのか、一緒に考えていきましょう。

楽しいと思っていたのは、話していた自分だけ

 お見合いは公開されているプロフィルで、年齢や学歴、年収などが分かります。また、写真があるので顔が分かり、身長と体重が出ているので見た目がどんな感じなのかもある程度想像がつきます。皆さんはそれらを総合的に見て、「この人にはお会いしてみたい」「この人のお申し込みなら受けてみたい」と判断しますよね。

 そのため、お見合いが成立した時点で少なからず、そのお相手には興味を持っています。そこから、お見合い後に「交際希望」となるか否かは、ずばり「会話が楽しかったかどうか」にかかっているのです。

 先日、高山孝泰さん(38歳、仮名)とお見合いを終えた伊東莉子さん(35歳、仮名)が、こんなことを言いました。

「孝泰さんは1時間のお見合いの中で、ご自身のことばかりを話されていました。例えば、私に『趣味は何ですか?』と質問してきたので、『旅行です』と答えたら、『僕も旅行は大好きです』とおっしゃって、そこからこれまでどこを訪れたかを延々話されたんです。『国内だと、ここがいいですよ』『海外だとここですね』と、その土地の素晴らしさを語り続ける“独り舞台”でした。

『あ、そこには行ったことがあります』と私が口を挟むと、さらに掘り下げてその場所のよさの説明が始まる。1時間のうち、8割くらい彼が話していました。最初はニコニコしながら相づちを打っていたのですが、最後はこちらの笑顔も引きつってきて、とても疲れました」

 莉子さんのお見合いのお返事は、当然のごとく「お断り」でした。しかし、孝泰さんの相談室からは「交際希望」が来ました。その際、お仲人さんからこんなメッセージも添えられていました。

「とても優しい雰囲気の女性で、話も弾み、1時間があっという間に過ぎてしまったとのことでした。旅行という共通の趣味も一致していて、楽しくお話しさせていただけたようです。交際希望でお願いします」

 これは、お見合いではよく起こり得ることです。話している方は、お相手がニコニコしながら相づちを打っているので、調子に乗ってしゃべり続けます。しかし、聞いている方は笑顔を作ることにも疲れ、心の中で「早く話が終わらないかな?」と思っているのです。

「今日のお見合いは楽しく話ができたのに、どうしてお相手からはお断りが来たんだろう」と思ったときは、独り善がりに会話をしていて「自分は楽しかったけれど、相手は楽しめていなかったのだ」と思ってください。

 会話はキャッチボールですから、自分のことを話したら相手の話も聞きましょう。お相手が話したことには興味深そうに相づちを打ったり、笑顔で共感したりすると、よい印象を与えることができますよ。

「何でもできるアピール」と「自慢話」は鼻につく

 斉藤樹生さん(36歳、仮名)が吉田住江さん(32歳、仮名)とのお見合いを終えたとき、こんなことを言いました。

「住江さんのプロフィルに『料理が趣味』とあったので、お見合いのときに『どんなジャンルの料理が得意なんですか?』と聞いたんです。そしたら、『料理教室に通っていたので和食や洋食、中華と何でも一通り作ります』と。そこまではよかったのですが、そこから、『料理教室に通っていたとき、生徒の中では私がいつも先生に褒められていたんですよ。段取りよく、きれいに作ると言われていました。

その後、仕事の話になったのですが、『私は上司にかわいがられるタイプなので、同期の中でも期待されているんですよ』と、またも自慢話。『私は何をやっても駄目で』と自己否定をするタイプも話していて疲れますが、自慢話が多いタイプは鼻につきますよね」

 このお見合いは、住江さんから「交際希望」が来ましたが、樹生さんは「お断り」を出しました。

 自分の得意なことを話すのと、自慢話をするのとでは、それを聞いた相手の受ける印象が違います。

 例えば「どんな料理が得意ですか?」と聞かれたとき、「料理教室に通っていたことがあって、どんなものも一通り作れるようになりました。家族やお友達の前で作ったとき、おいしいねって笑顔で言ってもらえると、こちらもうれしくなります」と言えば、料理上手のアピールになります。

 仕事の話にしても、「私は上司や同僚に恵まれているから、楽しく仕事ができているし、やりがいも感じるんですよ」と言えば、仕事に前向きに取り組んでいる姿を伝えることができます。

 自分が「いかにできるか」を前面に出して語ると、自慢話に聞こえます。「自分がこんなふうにできているのは、周りの人に助けられているから」「それが楽しいから」という言い方をしてみましょう。人に対して謙虚であり、周りへの感謝を忘れないことを念頭に置いて話をすると、同じことを話しても自慢話には聞こえません。

1 2

鎌田れい(かまた・れい)

仲人・ライター

雑誌や書籍のライターとして活動。得意分野は、恋愛、婚活、芸能、ドキュメントなど。タレントの写真集や単行本の企画構成も手がけてきた。あるカリスマ仲人を取材したことをきっかけに「ご縁を結ぶ仕事」に興味を持ち、現在は結婚ナビゲーターとしても活動中。婚活のためのレクチャーやイベントも多数開催する。プライベートでは、婚活パーティーで知り合った夫と結婚し、双子の母。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。「最短結婚ナビ公式サイト」(http://www.saitankekkon.jp)、YouTube「仲人はミタ チャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCObGYwIfj_oY-cm9LlnFmdA)。

コメント

Future Cruiser へ返信する コメントをキャンセル

8件のコメント

  1. 断った方が勝ち、断られた方が負けとするこの論調は同意できません。
    愚痴も、愚痴と解釈するか、弱みを見せてくれた、解決方法を探るための一歩、と考える懐があるかどうかです。勝手に愚痴であると決めたのは、その男性の懐が浅いから、という言い方もできます。
    愚痴は言わない、というのは、ため込む行為であり、さすがに最初のお見合いではあまりふさわしくありませんが、質問がその愚痴を誘発する質問であったのなら、正直に答えるのは仕方が無いことだと思います。そういう懐の浅い人に限って、どんどん深くネガティブに思う要因は何か、など、しつこく聞いてくるものであり、そういったネガティブ磁石男は多いのです。また、そういう男性は、ある程度の役職についていて、面接でもそういったネガティブな要素を引き出しておきながら、この人はネガティブだからダメ、という救いようがない男であることが多いのです。
    こんな人と結婚しても楽しくないと思うのは、逆にそれを聞いた女性もそう思うでしょう。
    この時代、愚痴の一つも出ない人は居ません。
    それを言いたくなる相手だったという事です。
    その男といるだけで、愚痴が止まる男というのは居ます。そういう空気にできなかった男の負けです。
    どうか、その女性にはもう一度、二度、頑張ってほしいものです。

  2. 言いたいことは分かるが、なんだかずいぶん手厳しいな。そんな完璧な人はいないよ。

  3. 初見だけで決めずに2.3回会ってから交際申し込む制度をつくってみてはどうでしょうか?
    保留の選択肢をつくり、都合があえば会ってもいいよ。という制度。
    素人がアイデア提案してすいません。

  4. 記事の内容はかなり手厳しいかも知れませんが、言いたいことは一つだと思います。
    "はじめてのデートだからこそ、自分の事ばかりではなく相手の事を思いやったり、カッコつけたり可愛い子ぶったり、できる限りの精一杯の100点の自分でいる努力をするべき"
    ってことじゃないかな?

    お見合いに遅刻にも関わらず友人と電話する人
    はじめてのデートですらランチ代奮発しない人
    テーマパークや映画館の飲食物を高いと言う人
    相手に楽しんでもらおうとせず自分ばかり話す人
    愚痴ばかり言う人(会話の流れで出たとしても)
    全部本人がその時努力すればなんとでもなる

    その時間を大切にしたい、相手に良い印象をもってもらいたいと真摯に思っていれば
    違った行動をとれたんじゃないかな?と思いますよ

    ※例えば
    ネガティブを引っ張り出す会話だとしても、上手くポジティブな言い方に変えることもできるし
    仕事辛くてほんとは甘えたいし愚痴りたいけど、今日は楽しく笑っていたいから、その話しは今日は無しにしましょう♪っていって自分から別の楽しい会話に変えればいいだけの話しです。
    面接だとしても、ネガティブもポジティブな言い回しに変えたり、ネガティブ出来事を糧にどう成長出来たかとか、どう対応して解決したとか、ネガティブに対してどういう努力をしたとか、そういう説明があれば前向きな人なんだなと感じます

  5. 結婚って家族になるって事だから、
    いい面ばかりを見せてくるような人間って、怪しいと思いますね。
    最初から愚痴ばっかというのは、ともかく愚痴も言えないような、
    絵に書いたようなリアリティのないマンガの世界のような関係なら
    きっと先には離婚の2文字があります。
    なんと言っても、結婚は実生活であり、長い道のりには愚痴を聞くよりしんどい事いっぱい待ってますよ。それぐらいでガタガタいうような男は育児に手伝いないでしょうし、イライラ増しますよ。

    結婚するっていうのは、
    相手の良いところも、不愉快なところも受け入れるって事です。
    欠点だけの人もないけど、長所だけの人もない。
    欠点長所受け入れられない人なら、結婚は夢物語。
    諦めましょう。
    人はそんなにきれいごとだけでは済みませんよ。
    むしろ、ぱっぱと口に出す方がわかりやすくていいかもしれませんよ。

  6. あ…結構時事問題とか話題にしちゃうかも、私(笑)
    でもそこで対等に話せない人、関心のない人、知識レベルが合わない人…とはどんなに性格良い人でも一緒にいてストレスになることが予想されるので。
    そこで意見が割れた時にどう折り合うか…相手の意見を全否定するのか、相手の立場に立ったものの見方ができるのか…は気になるところですね。ガチ婚活なら2回目のデートで話題にしたいところです。

    そういった会話が特別なものではなく日常的な雑談である家庭でありたいし、子どもを育てるなら譲れないところです。

    仕事の愚痴…は、話す側の伝え方でネガティブにも笑い話にもなり得るから、どんな話をするか…ですね。

    他人の悪口ばかりでも、本当に悲惨な状況に共感して慰めたくなる時もあれば、そんなこと珍しくもないし、考え方や行動を変えたら解決するじゃん!って言いたくなることもあるし。

    逆に、ブラックな職場を自虐ネタのつもりで話しても、聞き手が愚痴だと捉える可能性もあるわけで…

    自分もそうですが、学校や職場で自分と共通点の多い属性の人に囲まれている人ほど、世の中自分と違ういろんな人がいることを、婚活を通して初めて目の当たりにする人が少なくなくて、それでこういったネタに事欠かないのでしょうね。

  7. 最初は無謀に張り切っちゃたりすることもあるので
    2回目以降で判断したらどうでしょ?
    お互い人間はそんな完璧じゃないですからね。

  8. 男が能力の高い女性に卑屈になっているだけ。典型的な日本の男性像ですね。小っちゃ。
    努力して手に入れた結果なら、胸を張って言えばいい。
    それを一緒に喜べるくらいの器量と自信を持てよ、って感じです。