オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「ビタミンC」にコロナ感染予防効果を期待し得る理由

ビタミンCを摂取するときの注意点

「以上のように、VCはさまざまな機能で免疫をサポートします。ヒトは他の大多数の動物と違い、VCを体内で合成できませんので、体外からの補充が必要になりますが注意点があります」

「今回の新型コロナ感染対策でISOMが出した提言では、VCの推奨摂取量は成人で1日当たり3000ミリグラムです。食品から取ろうとすると、アセロラやケールなどVCが豊富な食品でも2~3キログラムの量で現実的ではありません。サプリメントからの摂取を考えざるを得ないでしょう」

「摂取方法にも配慮が必要です。1日量を一度に取るのではなく、数時間おきに何度かに分けて取ることで、VCの血中濃度を高く保つことができます」

 VCが効くなんてと思う人もいるかもしれません。しかし、手洗いなどは別として、新型コロナウイルスの予防法や治療法で「確実に効く」と証明されているものは他にはないと、森永さんは続けます。

「VCはこれまで、インフル、肺炎、ポリオなどほぼすべてのウイルスに有効でした。しかも、副作用の報告はみられません。そして、声明で推奨された5種類の栄養素のサプリメントは、1日分が合計100円程度で入手することも可能です」

「たとえ、確実な治療薬やワクチンが登場しても、コロナウイルスは変異することが知られていますし、全く別の感染症の流行リスクも否定できません。生活習慣を整え、5種類の栄養素を意識して取ることに加えて、1日3グラムのビタミンCを何度かに分けて摂取することは、多くの人が実行可能で実践する価値のある対策といえるでしょう」

(コラムニスト、著述家 尾藤克之)

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、著述家 尾藤克之

コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員/議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て現職。障害者支援団体のアスカ王国を運営。複数のニュースサイトに投稿。18冊目「伝わる!バズる!稼ぐ!文章術」(秀和システム)発売。プロフの詳細はWikipediaを参照(http://w.wiki/at5)。

筆者への連絡先
bito@askap.net
TW:@k_bito

コメント

1件のコメント

  1. 既存の栄養素でも対策になるならいいんじゃないかな。