オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

【戦国武将に学ぶ】織田信長(下)~唯我独尊が招いた相次ぐ謀反…久秀、村重、そして光秀~

戦国武将たちの生き方から、現代人が学ぶべき点、反面教師にすべき点を、戦国時代史研究の第一人者である筆者が解説します。

岐阜市にある織田信長像
岐阜市にある織田信長像

 前回は織田信長の功績、優れた面にスポットライトをあてましたので、今回は信長の問題点などを見ていきたいと思います。まずは、家臣の不和です。これは前回、プラス面として取り上げた能力本位の人材抜てきと表裏の関係になりますが、実は、行き過ぎたが故の弊害も出ていたのです。

競争が過ぎて家臣が不和に

 信長の身辺を警護する親衛隊は「馬廻(うままわり)衆」と呼ばれていて、信長はそれを2つのグループに分けています。1つのグループには、赤い母衣(ほろ)を背負わせていたので「赤母衣衆」、もう一つのグループには黒い母衣を背負わせていたので「黒母衣衆」と呼ばれていました。

 赤母衣衆のリーダーが前田利家で、黒母衣衆のリーダーが佐々(さっさ)成政だったのですが、この2人は常に競争させられていたため、仲はよくありませんでした。同じ組織の中でいがみ合っているのはマイナスです。

 なお、前回、能力本位の人材抜てきとして紹介した羽柴秀吉と明智光秀の仲も悪かったことで知られていますが、これは、信長が2人のライバル争いをあおったからともいわれています。

 2人とも、今でいう「中途入社組」ですが、信長はこの2人に功を競わせ、勝ち進んでいったという側面があります。1575(天正3)年、光秀に丹波平定を命じ、2年後には、秀吉に中国平定を命じています。

 1581年2月28日の信長による京都御馬揃(おうまぞろ)えでは、光秀が正親町(おおぎまち)天皇臨席の軍事パレードの総指揮を執りました。光秀としては「これで秀吉に勝った」と思ったはずです。

 ところが翌年5月、信長から光秀に「お前は秀吉の応援に行け」との命が下ります。応援に行くということは、秀吉の軍事指揮下に入ることを意味します。「秀吉に勝った」と思っていた光秀には、相当ショックだったのではないかと思います。もしかしたら、これも、光秀が本能寺の変を起こす引き金の一つになっていたのかもしれません。

戦国時代でも際立つ「恐怖政治」

 さて、信長の問題点、マイナス面として落とせないのが、信長のいわゆる「恐怖政治」です。敵対する者に対する容赦ない殺戮(さつりく)は、殺し合いが日常的だった戦国時代にあっても、やや異常といっていいかもしれません。1574年の伊勢長島一向一揆との戦いでは、2万人の門徒が殺されていますし、翌年の越前一向一揆との戦いでも、合計4万人、ないし5万人が犠牲になっています。

 こうした恐怖政治は、どこから生まれたのでしょうか。筆者は多分に、信長の唯我独尊的性行にあったのではないかと見ています。この点について筆者が注目しているのは、イエズス会宣教師ルイス・フロイスによる信長観察です。

 フロイスの「日本史」に、信長について、「彼は自らに加えられた侮辱に対しては懲罰せずにはおかなかった」とあり、さらに、「彼はわずかしか、またはほとんどまったく家臣の忠言に従わず、一同からきわめて畏敬されていた(中略)。自らの見解に尊大であった。彼は日本のすべての王侯を軽蔑し、下僚に対するように肩の上から彼らに話をした。そして、人々は彼に絶対君主(に対するように)服従した」と記されています。

 これによって、信長が家臣たちとどのように接していたかが分かるわけですが、「家臣の忠言に従わず」とあるところは特に注目されます。家臣たちの諫言(かんげん)を受けつけなかったというのは、事実と思われます。おそらく、それは能力本位の実力主義で抜てきした明智光秀に対しても、同じだったのではないでしょうか。

「殿、これは違います」と言われれば、普通は反省するところですが、信長の場合はむしろ、諫言してきた者に暴力を振るった可能性はあります。今でいう「パワハラ」です。松永久秀、荒木村重、そして最後に、明智光秀に裏切られた背景にこの唯我独尊的性行があったことを見ておくべきでしょう。

(静岡大学名誉教授 小和田哲男)

【写真】織田信長ゆかりの「愛知」「岐阜」「京都」

画像ギャラリー

小和田哲男(おわだ・てつお)

静岡大学名誉教授

1944年、静岡市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、静岡大学名誉教授、文学博士、公益財団法人日本城郭協会理事長。専門は日本中世史、特に戦国時代史。著書に「戦国の合戦」「戦国の城」「戦国の群像」(以上、学研新書)「東海の戦国史」「戦国史を歩んだ道」「今川義元」(以上、ミネルヴァ書房)など。NHK総合「歴史秘話ヒストリア」、NHK・Eテレ「知恵泉」などに出演。NHK大河ドラマ「秀吉」「功名が辻」「天地人」「江~姫たちの戦国~」「軍師官兵衛」「おんな城主 直虎」「麒麟がくる」の時代考証を担当している。オフィシャルサイト(https://office-owada.com/)、YouTube「戦国・小和田チャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCtWUBIHLD0oJ7gzmPJgpWfg/)。

コメント

1件のコメント

  1. 私は、信長の独断専行型気質が、父親信秀由来のものだと考えます。信秀は腰の軽い人で、天文16年(1547年)美濃国斎藤道三が大垣城付近まで攻め寄せたという報を聞くと、15日程敵が疲れるのを待ってから突如出陣し、斎藤道三の背後の諸所を焼き討ちしました。これを受け斎藤道三は大垣城攻撃を諦め稲葉山城へ逃げかえります

    また信秀は天文17年(1548年)古渡城から戦線に近い末盛城に居所を移動させています。15歳の青年信長は、末盛新城から迎撃に向かう父信秀の雄姿を、誇らしい気持ちで見送ったのだと私は空想するんです

    この織田信秀の機動力の高さは何処から生まれたのか?私は彼の日々の馬の調練・弓・槍・刀・兵法の鍛練習慣が無いと実現し得ないと思うのです。自らが良い習慣を持ち、無言で模範を示し部下達もそれに従う。そういう“不言実行”モデルが既に父親信秀時代に培われていたとすると、本人は至極当然の約束事を淡々と日々繰り返し処理していただけなのに、周りの人から見たら、信長の所作・行動が洗練され速くなっているの様に見えたのではないでしょうか。この信長の“速さ”に周りの人達は付いて行けなかったのではないかと… これが私の考える信長の“独断専行”のメカニズムです

    彼が長島一向一揆に対して苛烈な仕置きをしたのは、また別の理由からの様に感じます

    あと、羽柴秀吉が出世街道を邁進していたというのは、私は佐久間への“折檻状”から判断されている様に思うのですが、秀吉の場合は手取り川の闘いで敵前逃亡をし、失意のうちに松永久秀攻め・中国戦線への転戦を経ていて、信長が折檻状の中で秀吉を大袈裟に褒めたのは“ただでさえ低い秀吉の家臣団内での序列を思いやり、少しでも上げてやろう”とする情けも多分にあったと感じますので、私は額面通りには受け取れない様に思いました

    また、明智光秀の赴任地は、出雲・石見ですが、彼が徳川家康に嫉妬したであろう“欲しくても手が届かなかった海に面した国”です。新鮮な太平洋のシーフードを信長へ差し出した徳川家康の饗応返しの大役を、発酵食品である“鮒ずし”(異臭を放つ)を出す事により信長から取り上げられた光秀は、この国替え(海産物を、ふんだんに使用できる)喜んだと思います(領地の召し上げについては、信長は絶対君主なので命令に服従するのは当たり前でした)

    岩見には毛利氏が喉から手が出る程欲しがった石見銀山があり、瀬戸内の交易網を手にしようとする秀吉と比べても、表裏遜色ない手柄と言えますので、光秀が信長からそれ程酷い仕打ちを受けたとは言い切れない様に思いますが、本当の所はどうなのでしょうか