オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マナー
  • これだけは守ろう! 「結婚式」における服装のマナー【女性編】

これだけは守ろう! 「結婚式」における服装のマナー【女性編】

「髪型」「アクセサリー」「ドレス」のマナー

 結婚式の服装は、ドレス選びさえ気をつければよいというものではありません。髪型から靴、小物まで、意識すべきポイントが数多くあります。結婚式のマナーとして正しいのはどのようなものか、以下では、頭からつま先まで総チェックしましょう。

【髪型】

 髪型は、お祝いの場にふさわしい華やかなアレンジにしたいものです。主に「アップスタイル」「ハーフアップスタイル」「ダウンスタイル」に分かれますが、フォーマルな場であればあるほど、「アップスタイル」のアレンジが良いとされています。2次会に参加する場合やカジュアルなスタイルの場合、「ダウンスタイル」でも問題ありませんが、ルーズな印象を与えないことが大切です。

◆これはNG◆

 花嫁と重なる、「ティアラ」のような飾りはつけないようにしましょう。「花」がモチーフのものも避けたほうが無難です。

【アクセサリー】

 ネックレスやイヤリング、ピアスなどのアクセサリーは、ドレスとの統一感を重視します。昼の式でも夜の式でも、時間帯に限らず万能なのがパールです。昼間はパールなどの光らないものを、夜は、華やかにクリスタルやゴールドを取り入れてもよいでしょう。

◆これはNG◆

 昼の結婚式では、光りものは身に着けないようにしましょう。結婚式では写真撮影をする場面が多くありますが、光るアクセサリーだと反射してしまい、周りの人の写りを悪くしてしまう恐れもあります。

【ドレス】

 ドレスは、結婚式に華を添えられるようなカラーとデザインのものを選びます。優しいピンクやベージュ、淡いブルー、ミントグリーンなどもよいでしょう。

 素材は、シフォンやオーガンジー、レースなど、女性らしく柔らかい印象のものを選びます。丈は膝から膝下5センチくらいが理想です。肩が出るデザインの場合は、ボレロやショールを羽織るようにしましょう。

●20~30代のドレス選び

 かわいらしいカラーのドレスを、フリルやリボンなどのデザインで華やかにしましょう。黒で統一したり、胸元が開いたデザインにしたりするなど、ドレッシーにし過ぎると、年齢に合わずに浮いてしまう恐れがあります。

●30~40代のドレス選び

 この年代の女性はかわいくなり過ぎないように、上品さを極めていきましょう。色味はネイビーやブルー、ベージュなど落ち着いたものとし、デザインをアシンメトリーなものにするなどして個性を出してもよいでしょう。

●40代~のドレス選び

 40代以上になると、ドレスの素材も良いものを身に着けたいものです。シフォンやレースはもちろん、フォーマル感のあるシャンタン素材もオススメです。小物でおしゃれを演出するなど、ワンランク上のおしゃれを目指しましょう。

◆これはNG◆

 花嫁さんと重なる白や、写真に白っぽく写る色はNGです。そのほか、日中の式で肩が出ているものはマナー違反。また、丈が膝上5センチ以上のミニスカートやスリットが深く入っているものも避けましょう。ボレロやショールを着用する場合、ファーや革などは「殺生」を連想させるアイテムであるため、選んではいけません。

1 2 3 4 5

金森たかこ(かなもり・たかこ)

マナー講師・話し方マナーコミュニケーション講師

一般社団法人マナー教育推進協会代表理事副会長、ウイズ株式会社社長。大阪府出身、京都市在住。大手食品メーカー人事部で人材育成・秘書業務などに携わった後、フリーアナウンサーとして独立。ニュース・情報番組をはじめ、テレビ・ラジオを中心に話し方、コミュニケーションの仕事に携わる。その後、マナーコンサルタントの西出ひろ子氏に師事し、ビジネスマナー講師として講演・研修・コンサルティングなどを行う。アナウンサーとして培った話し方やボイストレーニングを取り入れた、コミュニケーション能力向上を軸とした独自の講義スタイルに定評がある。就職面接対策講座では、99%の内定率を誇る人気講師として活躍中。DODAキャリアコンパスにてビジネスマナーの連載を行う。2017年3月にプレジデント社より「入社1年目ビジネスマナーの教科書」を出版。テレビ番組や新聞、雑誌などのメディアでも活躍中。企業研修・コンサルティング(http://www.withltd.com)、大人のマナースクール(http://www.fastmanner.com)。