オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

【漫画】私が子どもを欲しいと思うようになった理由は“父” 今は天国で…「よく分かります」

子どもが欲しいと思うようになった理由を描いた漫画が話題に。「子どもがいてもいなくても私たちの人生」と思っていた夫婦ですが…。

漫画「私が子供を欲しいと思うようになったワケ」のカット=むぎ (mugimugiy_jp)さん提供
漫画「私が子供を欲しいと思うようになったワケ」のカット=むぎ (mugimugiy_jp)さん提供

 子どもが欲しいと思うようになった理由を描いた漫画「私が子供を欲しいと思うようになったワケ」がSNS上で話題となっています。「子どもがいてもいなくても私たちの人生」と思っていたフランス人夫と日本人妻の夫婦。しかし、妻は自分の父親がきっかけで、子どもが欲しくなり…という内容で、「よく分かります」「考えさせられました」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

いつも静かに見守ってくれていた父

 この漫画を描いたのは、むぎ (ペンネーム)さん(33)です。漫画家・イラストレーターとして活躍しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

むぎさん「漫画を描き始めたのは、2015年ぐらいからです。昔から絵を描くのが趣味で、ペンタブレットを購入したのをきっかけに漫画制作を始めてみました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

むぎさん「私の祖父は父方、母方ともに孫を見ずに亡くなっています。だから、父には、祖父たちが果たせなかった夢をかなえてあげたいと思っていました。そんな中、父の老いが進んで心配だったので、今回の漫画を描いてみました。

ただ、この漫画を描いた後に父は他界してしまい、結局、孫を見せることはできませんでした。これから先、私たちが子どもを授かったら、天国から誰よりも一番近くで見守ってくれると思います」

Q.フランスに移住後、どれくらいの頻度でご両親と会われていたのですか。

むぎさん「年に1回あるかないかです。あまり会えないので、帰国したときは両親とたくさん話そうと思っていました」

Q.お父さまと接していて、『孫を見たいのかな?』と感じることはあったのでしょうか。

むぎさん「私には直接言ったりはしなかったです。ただ、母や近所の人経由で、父が『孫が欲しい』と言っていたことを知りました。小さい子どもが大好きな父でした」

Q.日本在住の頃から、お父さまとは仲が良かったのですか。

むぎさん「父とは仲が良かったです。私は、顔かたちから、体形、性格まで父親似です。いろいろと父に反発したこともありましたが、なんだかんだでソックリ親子で仲良くやっていました。父は私たち姉妹の意思を尊重して育ててくれ、いつも温かく見守って必要なときは助けてくれる、お地蔵さまみたいな存在でした。これからもそうであってくれると思います」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

むぎさん「『親戚や職場で、デリカシーのない発言に傷ついた経験がある』『いろいろなライフスタイルを尊重してほしい』『結婚まだ? 子どもまだ? 2人目は? 母乳なの?とか本当に余計なお世話。ほっといてほしい』『お父さん、カワイイ』など、さまざまなご意見を頂きました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

むぎさん「今後も今まで通り、フランスでの生活を漫画に描いていきたいです。同時に、YouTubeチャンネル『Le waku2 BENTO in france』に力を入れていきたいと思います。夫のために作ったお弁当をアップしていきたいと思っています」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

むぎ

漫画家、イラストレーターとして活躍。インスタグラム(https://www.instagram.com/mugimugiy_jp/)で漫画を発表している。また、YouTubeチャンネル「Le waku2 BENTO in france」(https://www.youtube.com/channel/UCRSuPKDBTy2Y77ta_mfyORQ)で手作りお弁当をアップしていく予定。

コメント