オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

【漫画】休日のお出掛けを拒否した夫に怒り…うさばらしに散財を決意した結果 「共感できます」

夫に怒りをぶつけたエピソードを描いた漫画が話題に。ある休日、家族でお出掛けをしたいという妻の求めを拒否した夫。怒った妻は…。

夫に怒りをぶつけたエピソードを描いた漫画のカット=蜂田ハチ子(hachitasan88)さん提供
夫に怒りをぶつけたエピソードを描いた漫画のカット=蜂田ハチ子(hachitasan88)さん提供

 夫に怒りをぶつけたエピソードを描いた漫画がSNS上で話題となっています。ある休日、家族でお出掛けをしたいという妻の求めを拒否した夫。怒った妻は娘と2人で出掛け、うさばらしに散財してやると意気込みますが…という内容で「共感できます」「涙が出てきた」「思いやれる関係がすてき」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

普段はマメに連絡するタイプだが…

 この漫画を描いたのは、主婦の蜂田ハチ子(ペンネーム)さんです。インスタグラムブログ「蜂田ハチ子のぶんぶん空飛ぶろぐ」で育児漫画を発表しています。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

蜂田さん「私は夫に『~してくるから○時間かかる』『○時までには帰る』などと、きっちりマメに連絡するタイプなのですが、この日、ちょっとした反抗心(?)が生まれて、帰ってからもアドレナリンが出まくっていたので、漫画にしました(笑)」

Q.休日はいつも、家族みんなでお出掛けをされるのでしょうか。

蜂田さん「普段も割と一緒に行動しています。というより、半強制的になってしまっています…土日は娘と過ごしてほしいので。夫は、たまには1人の時間が欲しいと言っています。わ、私も欲しい…!」

Q.「リッチな生活してやる!」と思ったときの“リッチ”とは。

蜂田さん「普段なら買わない、絶妙~に手が届かないコスメや服を衝動買いする! これが私の中の“リッチ”です」

Q.最終的に、何時間くらいの外出だったのでしょうか。その間、何度くらい「連絡」をチェックされましたか。

蜂田さん「トータル6時間くらいだったと思います。最初は気にならなかったのですが、後半になると、10分に1回はイライラしながらチェックしていたかもしれません」

Q.旦那さまの姿を見たときのお気持ちを教えてください。

蜂田さん「単純にうれしかったというか、やっぱり優しい人だなあと思いました。そんな夫に優しくできなかった自分を、少しだけ後悔しました」

Q.旦那さまは、この日のことについて何かおっしゃっていますか。

蜂田さん「迎えに来たとき、『連絡なしで待つのがこんなに心配だとは思わなかった』と、普段遅くまで連絡しない自分を反省していました。それを分かってくれただけでも成果はありました! 待つ方は心配で、気が気じゃないんですよね」

Q.その後、仲の良い休日を過ごされていますか。

蜂田さん「今まで、『平日は子どもと二人っきりの育児生活なので、土日くらいはアクティブに動きたい妻』と『平日は働き詰めだから土日くらいは休みたい夫』だったので、歩み寄る努力をするようになりました。土曜日は遊んで、日曜日は家でゆったり…など、お互いの希望を取り入れるようにしています。相変わらず、けんかもたくさんしますが、楽しく過ごせていますよ」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

蜂田さん「ほとんどが共感のコメントでしたが、夫と同じ境遇の方からすると“酷”な内容だったのかもしれません。そういう方のコメントを見て、私にも反省点があるなと思いました。『土日くらいは子どもと過ごしてほしい』という気持ちの裏に、『なんで、私だけ大変な思いをしているんだ』という気持ちがあるんだと思います。

なので今後は、『お互い平日は大変だから、土日は2人で協力しよう。楽しいことを共有したい』といい意味でストレートに伝えようと思っています。夫と妻、どちらが大変だと決めることは不可能ですから、皆さんのコメントにいろいろ考えさせられましたね。貴重なご意見ありがとうございました」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

コメント

みる にコメントする コメントをキャンセル

2件のコメント

  1. リアルなお母さんのカンジがすごくおもしろい。笑いました。終わり方もホッコリしていて後味がよいというかほっとした 笑

  2. 旦那さん神すぎて泣いた
    わたしなら仕事してやっとの休日に駆り出されたらブチ切れる