オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

縁起よい、それとも異常? 黄身が2つの「二黄卵」はなぜできる?

ごくまれにですが、卵を割ると黄身が“2つ”入っていることがあります。縁起がよい出来事と捉える人もいますが、なぜ、黄身が2つの卵ができるのでしょうか。

なぜ、黄身が2つの卵が?
なぜ、黄身が2つの卵が?

 卵を割ると、黄身が“2つ”入っていることがまれにあります。黄身が2つ入っているものを「二黄卵」と呼びますが、たまたま発見すると、「ラッキー!」と縁起がよい出来事と捉える人がいる一方、「何らかの異常があって黄身が2つになったのでは?」と不安に感じる人もいるようです。

 なぜ、二黄卵ができるのでしょうか。一般社団法人日本養鶏協会(東京都中央区)で、消費者から寄せられる疑問に答えるアドバイザー、信岡誠治さんに聞きました。

二黄卵の確率は3~5%

Q.なぜ、黄身が2つ入った「二黄卵」ができるのですか。

信岡さん「二黄卵は、2つの卵黄に卵白が付着してうまれたものです。鶏の卵巣からの黄身の排出(排卵)は、通常は1つですが、産卵リズムが安定していない産卵初期(最初の1カ月~2カ月間)に卵黄が2つ続けて排出され、それに卵白が付着して卵が形成されることがあります。

二黄卵は遺伝とも関与しており、二黄卵を数多くうむ鶏も存在します。こうした鶏を人工的に生み出す試みもあります」

Q.二黄卵は、栄養や安全面で通常の卵と変わりないのでしょうか。

信岡さん「時々、『排卵誘発剤を投与してうませたものではないか』と心配する人もいますが、そうした薬剤や抗生物質は全く使用していません。二黄卵の栄養や安全性は通常の卵と全く変わらないので、心配は無用です。安心してお召し上がりください」

Q.卵を割って黄身が2つ入っていると「ラッキーだ」と言われるように、二黄卵をあまり見ることはありません。二黄卵の確率はどれくらいなのでしょうか。

信岡さん「産卵初期の二黄卵の発生率は、卵全体の3~5%です。卵は各地にあるGPセンター(Granding:格付け、Packing:包装の略)という施設で、洗浄と消毒、検卵(透過光による内部検査)を行いますが、二黄卵が見つかれば、パック詰めしないよう除外します。

そこで見つかった二黄卵は『液卵』という業務用の原料として出荷していますので、消費者が目にすることはほとんどありません。二黄卵に出合う確率は『ごくごくまれに』といったところで、人間が目視で検卵していて、二黄卵を見逃してパック詰めしてしまった場合です。

しかし、最新の検卵機はセンサーと人工知能(AI)を組み合わせており、自動的に二黄卵や出荷に不適格な卵を検出して除外するようになっています。そのため、今後はさらに二黄卵に出合うことは少なくなると思われます」

Q.1つの卵パックに複数の二黄卵が入っていることもあるそうです。どのような理由で、同じ卵パックに複数の二黄卵が入るのでしょうか。

信岡さん「複数の二黄卵が入っているのは、産卵初期の卵をパック詰めする段階で、検査を外観だけで終わらせ、透過光による内部検査を省いたことで生じたと考えられます。小規模な鶏卵生産者の中には、GPセンターを通さずに目視だけで検査を行い、自分でパック詰めしているケースもあるからです」

Q.あえて二黄卵を購入したいと思ったとき、一般的な卵との見分け方があるのでしょうか。あるいは、二黄卵だけを販売していることはあるのでしょうか。

信岡さん「二黄卵は一般的な卵に比べて、サイズが一回りも二回りも大きいので、通常は一目見ただけで見分けることができます。しかし、産卵初期の卵で卵黄が小さいと、二黄卵であってもサイズが普通の卵とほとんど同じという場合もあります。

また、二黄卵だけの販売は、通常の量販店やスーパーなどの流通ルートでは行われていません。ネット通販や養鶏場に直接、二黄卵を注文すれば、入手できる可能性はあります」

(オトナンサー編集部)

コメント