オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

40歳年収900万円エリート男性が“フラれた”理由

お見合い後、順調に交際していたはずなのに、お相手の女性から突然告げられる「交際終了」。自分の言動は絶えずチェックする必要がありそうです。

女性から突然、交際終了を告げられたら…
女性から突然、交際終了を告げられたら…

 お見合い後、お付き合いに入ってうまくいっていたはずなのに、あることをきっかけにお相手の気持ちが変わり、交際終了になることがあります。

 お相手の気持ちを一瞬で変えてしまった事象を、ここにご紹介します。

女性にとって誕生日は特別なもの

 結婚相談所には、「仮交際」と「真剣交際」の区分があります。仮交際期間中は、複数の人と仮交際をしてもOKですし、新しいお見合いをしてもよいです。ただし、真剣交際に入ることを決めたら、お一人を残して、他は「交際終了」にするのがルールです。

 尾高智枝美さん(36歳、仮名)は、吉田正弘さん(40歳、仮名)、大野康隆さん(42歳、仮名)と仮交際をしていました。

 どちらの男性も優しく、決めかねていました。ところが先日、私にLINEが来ました。

「吉田正弘さんは交際終了でお願いします」

 なぜ、正弘さんを終了にするのか理由を聞くと、智枝美さんが言いました。

「3月に入って、お二人から『誕生日はいつ?』と聞かれたんです」

 結婚相談所のプロフィルには、生まれた年と月は出ていますが、日にちが出ないのが通例です。これは個人情報の保護に配慮してのことです。

「お二人に、『3月13日です』とお答えしたんですね。そうしたら、大野さんからは13日の朝、『今日はお誕生日ですよね。おめでとうございます』というメールが届きました。そして、その週末のデートは『誕生日のお祝いに』とディナークルーズを予約しておいてくださった。ところが、吉田さんは私の誕生日のことはもう忘れてしまったのか、きれいにスルーでした」

 誕生日を覚えていたかどうか、「おめでとう」を言えたかどうか、お祝いができたかどうかが、この2人の男性の明暗を分けました。

 女性はことに、誕生日を「特別な日」と思っている人が多いようです。既に成婚退会した女性会員も、日付が変わった0時に「お誕生日、おめでとう。誰よりも先に由美子さん(仮名)に“おめでとう”と伝えたかった」というLINEが届き、そこで彼に気持ちがグッと近づきました。その後すぐに真剣交際に入って、あっという間に結婚を決めたのです。

 たかが誕生日、されど誕生日。誕生日は、侮れないですよ。

1 2 3

鎌田れい(かまた・れい)

仲人・ライター

雑誌や書籍のライターとして活動。得意分野は、恋愛、婚活、芸能、ドキュメントなど。タレントの写真集や単行本の企画構成も手がけてきた。あるカリスマ仲人を取材したことをきっかけに「ご縁を結ぶ仕事」に興味を持ち、現在は結婚ナビゲーターとしても活動中。婚活のためのレクチャーやイベントも多数開催する。プライベートでは、婚活パーティーで知り合った夫と結婚し、双子の母。自らのお見合い経験を生かして結婚相談所を主宰する仲人でもある。「最短結婚ナビ公式サイト」(http://www.saitankekkon.jp)。

コメント