• HOME
  • 「ジャンクフード」が無性に食べたくなる理由 その定義や問題点も…

「ジャンクフード」が無性に食べたくなる理由 その定義や問題点も…

ハンバーガーやフライドポテトに代表される「ジャンクフード」ですが、実はこれ以外にも、数多くの料理が含まれるようです。ジャンクフードの定義や、栄養面から見た問題点とは――。

ジャンクフードの定義や問題点とは

 皆さんは「ジャンクフード」と聞いて、どのようなメニューを想像されるでしょうか。ハンバーガーにフライドポテトと、大柄な外国人によく似合う、油をたくさん使った料理を思い浮かべるかもしれませんね。

 オトナンサー編集部では、ジャンクフードとはそもそも何を指し、栄養学的にどのような問題があるのか、また、ついつい食べたくなる理由について、料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに聞きました。

高カロリーで、栄養の偏った食品

 関口さんによると、ジャンクフードとは、「高カロリーで栄養素が少ない、偏った食品」を指します。添加物など、体に害悪をもたらす可能性のある物質を大量に使用しており、一般に健康に良くない食べ物とされます。

 ジャンクフードの“代表格”といえば、フライドポテトやハンバーガーなどのメニューを想像しますが、これら以外にも、「うどん」「ラーメン」「天丼」「パンケーキ」などが含まれるそう。共通しているのは「糖質や脂質、塩分が多く、ビタミンやミネラルが少ないことです」(関口さん)。

 しかし、体に悪いとわかっていても、つい食べたくなるのがジャンクフードの“怖さ”でもあります。それはどのようなメカニズムなのでしょうか。

「人間はストレスが多いと、抗ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌され、糖質の多いものが食べたくなります。また、お酒は満腹中数を麻痺させたり、食欲増進につながったりするため、お酒を飲むとジャンクフードが食べたくなるのです」(関口さん)

 また、小麦粉のグルテンには中毒性があり、食べれば食べるほど次が欲しくなるといいます。

「ジャンクフードの代表である麺類やパン類、お菓子類は小麦粉製品でもあり、血糖値の上昇を引き起こします。その結果、逆に急激な下降を招いて低血糖となり、気分のアップダウンにつながります。そして、また糖質が欲しくなるのです」(関口さん)

1 2

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/)。