オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

【漫画】おむつ替え中、息子がお漏らし号泣…父の行動に自分の育児を反省 「お父さん、すてき」

息子のおむつ替えをしていたときの出来事を描いた漫画が話題に。外出先で10カ月の息子のおむつ替えをしていた母親と祖母でしたが…。

息子のおむつ替えをしていたときの出来事を描いた漫画のカット=るい(ruimaata)さん提供
息子のおむつ替えをしていたときの出来事を描いた漫画のカット=るい(ruimaata)さん提供

 息子のおむつ替えをしていたときの出来事を描いた漫画がSNS上で話題となっています。ある日、外出先で10カ月の息子のおむつ替えをしていた母親と祖母。しかし、おむつを脱がしたタイミングで息子がお漏らしをしてしまい…という内容で、「同じ状況になりました」「お父さん、すてき」「すごく考えさせられました」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

父の愛情の深さに改めて感動

 この漫画を描いたのは、るい(ペンネーム)さん(30代)です。現在、育児休暇中で、子育てをしながら漫画を描いています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

るいさん「インスタを始めたのと同じ2019年9月ごろです。子どもの成長が目まぐるしいので、写真や動画だけでなく、そのとき思ったことなども一緒に残したいと思い、始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

るいさん「息子と2人で実家に帰省して、両親と出掛けた際の出来事をイラストにしています。父の愛情の深さを感じて感動したのと同時に、自分はまだまだお母さんとして未熟だなあと思ったことを残しておこうと思い、描きました」

Q.この後、息子さんはお父さまのおかげで落ち着いたのでしょうか。

るいさん「泣きやんで落ち着きました。父のことは普段から大好きなこともあり、抱っこされて安心したんだと思います。私は後始末のことばかり考えていて、不安で泣く息子に声を掛けることができず、父の対応を見て息子に申し訳ない気持ちになりました。同時に、それがすんなりとできる父はすごいと尊敬の念を抱きました」

Q.お父さまは、るいさんご自身の育児にも積極的に参加されていたのですか。

るいさん「両親が共働きだったこともあり、『育児も家事もやれる方がやる』というのが自然な環境でした。よく、父が猫のキャラ弁を作ってくれたり、『赤はトマトで緑はホウレンソウで…』と、次の日のお弁当の色合いまで完璧にシミュレーションしていたのを覚えています(笑)」

Q.他に、息子さんに対するお父さまの対応で参考になったことがあれば教えてください。

るいさん「参考というのとは違うかもしれませんが…帰省中、空いている時間は一日中、ずっと息子を抱っこしてくれました。子どもが安心することを分かっているからかなと思います。体力的にまねはできませんが、私にも父の愛情が伝わりました」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

るいさん「『私も同じです!』という共感のコメントをたくさん頂きました。余裕がない自分に落ち込んでいましたが、皆さんも同じような経験があるんだなと少しホッとしました。あとは、励ましのコメントもうれしかったです。インスタグラムでは、皆さん優しいコメントをくださるのでいつも励まされています」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

るいさん「前に一度やった、オリジナルの絵本を描く企画をまたやりたいです。あとは、息子がもうすぐ1歳になるのを機に、インスタグラムの育児絵日記と並行して、知育、英語、親育てをテーマにしたブログを始めました。こちらも、イラストをたくさん使って、分かりやすい記事を書いていきたいです」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

るい

インスタグラム(https://www.instagram.com/ruimaata/)で育児漫画を発表している。また、知育と英語と親育てをテーマにしたブログ「知育と英語と親育て」(https://chiikueigo.com)で運営している。

コメント

ゆゆゆ にコメントする コメントをキャンセル

2件のコメント

  1. それがどうした?
    大ママとかいう呼び方、どうにかならんかね。。。

  2. 優しかったのは、お子さんからするとおじいさんですよね。大パパ、大ママって…しばらく理解ができませんでした。
    そして公共のオムツ替えの台は、何か敷いてからご利用をお勧めします。衛生面でも、自分の子供が汚す場合もありますので。