オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

ミカンの「極早生」「早生」「中手」「晩生」、それぞれの特徴や読み方は?

おいしさは「ヘタ」で見分ける

Q.冒頭の質問に関連しますが、ミカン以外の作物も「極早生」「早生」などと呼ぶということでしょうか。

関口さん「例えば、モモやスモモ、リンゴにも早生品種があります。モモは『はなよめ』『竜門早生(りゅうもんわせ)』『早生あかつき』、スモモは『大石早生(おおいしわせ)』、リンゴは『早生ふじ』など、早生品種としてさまざまな名前のものが栽培されています」

Q.おいしいミカンを見分ける方法を教えてください。

関口さん「ミカンの“ヘタ”をチェックしましょう。ヘタが小さいものは軸(枝とつながっていた部分)が細く、実に水分が届きにくいため、ミカンが飢餓状態になって甘くなるといわれています。軸が細いのは栽培年数が長い木である目印で、甘くなる傾向があるそうです。

また、ヘタの付近が黄色いのは熟している目印で、おいしいといわれます。皮の表面がきめ細かく、張りがあってすべすべしているものや、皮と身がぴっちりと張り付いているものは、水分がギュッと詰まっています。逆に、ふかふかしていると身がしぼんでいる可能性があります」

Q.ミカンのおいしさを長持ちさせる保存方法は。

関口さん「ミカンは湿気を嫌うので、通気性がよく、玄関や廊下など暖房の効いていない場所に置きましょう。重ねて置く場合は、ミカンとミカンの間にキッチンペーパーや新聞紙を挟むと、湿気を調節するので傷みにくくなります。その際、ヘタを下に向けることで乾燥を防げます。また、冷蔵庫の野菜室で野菜保存袋に入れておくと、より長く保存できます」

(オトナンサー編集部)

1 2

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。

■オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/
■YouTubeチャンネル「管理栄養士:関口絢子のウェルネスキッチン」(https://www.youtube.com/channel/UC6cZRYwUPyvoeOOb0dqrAug

管理栄養士:関口絢子のウェルネスキッチン

コメント