• HOME
  • 二日酔いの朝も! シジミが持つ驚きのパワーとは

二日酔いの朝も! シジミが持つ驚きのパワーとは

お酒をたくさん飲む人の心強い味方「シジミ」ですが、その実際のパワーはどのようなものでしょうか。摂取の方法と合わせて専門家に聞きました。

シジミが持っているパワーとは

 お酒を飲む人のための食材として、すっかり定着した感のある「シジミ」ですが、実際はどのようなパワーを秘めているのでしょうか。摂取のタイミングや方法を含めて、料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに聞きました。

オルニチンなどのアミノ酸が豊

 シジミが二日酔いに効くメカニズムですが、関口さんによると、シジミにはオルニチンやタウリンなどのアミノ酸が豊富に含まれ、肝臓の働きを助けたり、解毒作用を高めたりする効果があります。

 オルニチンは血液に溶け込んでアンモニアを解毒し、肝機能を保護してくれます。また、アラニンやグルタミンにはアルコールの代謝を促進する働きがあります。メチオニンは、肝臓の働きをサポートし、タウリンには解毒作用があります。「これらを含んだシジミを摂取することで体内のアルコールが早く排出されるのです」。

 それでは、シジミは飲酒の前後どちらに摂取するのがいいのでしょうか。

「飲酒前に摂取しておくのがベストです。ただし二日酔いになった後でも、シジミはアルコール分解に必要な成分が豊富なため、肝臓の働きを助けてくれます」

 最後にシジミの摂取方法について聞きました。

「市販商品は有効成分を凝縮しているため、効果が高いと言えるでしょう。家でシジミ汁を作るのであれば、おろしニンニクを加えると一層効果的です」

(オトナンサー編集部)

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/)。