オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • マナー
  • ワインをスマートに! 正しい「テイスティング」のやり方

ワインをスマートに! 正しい「テイスティング」のやり方

高級レストランなどで求められる、ワインの「テイスティング」。「自分には関係ない」と思わずに、この辺りで一度、しっかり学んでおきませんか。マナーの専門家に聞きました。

正しいテイスティングのやり方とは

 格式あるレストランでは、ワインが運ばれてきた際に、「テイスティング」をするように促されます。しかし、知識がないとせっかくの機会が台無しになってしまいます。

 そこでオトナンサー編集部では、テーブルマナー講座などを開催している、マナー講師の半田典世さんに、正しいテイスティングの仕方を聞きました。

「目→鼻→口」の順番で覚えよう

 半田さんによると、テイスティングは「色を見て、香りと味わいを確認します」。確認する順番は「色→香り→味」のため、「目→鼻→口」と覚えるのがよいそうです。

1.色の確認

 テーブルに置いたままのグラスを少し傾けて、テーブルクロスに透かしてワインの色を確認します。このとき、不純物が入っていないかどうかも確かめます。

2.香りの確認

 グラスを鼻に近づけて香りを確認します。

 ワインは空気を含ませることで、香りや味を立たせることができると言われます。空気の含ませ方は、グラスを2~3回、反時計回りに回します。このとき、グラスをテーブルに置いた状態でも、持ち上げた状態でも構いません。反時計回りなのは万が一、中のワインが飛び散ったときに、自分に向かってくるからだそうです。

3.味の確認

 味と香りを確認したら少量のワインを口に含み、味と後味を確認します。そして、問題がないことをソムリエに伝えます。

1 2

半田典世(はんだ・みちよ)

イメージコンサルタント

札幌を拠点にイメージコンサルティングを行う。ひと手間かける、心配りのある指導に定評があり、受講者からの信望も厚い。マナー分野では、マナーコンサルタントの西出ひろ子氏に師事。「真心マナー」を学び自身の講座に生かしている。2017年3月8日放送のNHK・Eテレ「オイコノミア」に西出ひろ子マナースクールの一員として出演。大人のトータルビューティマナースクール「ファストマナー北海道」の代表としても活躍中(http://www.fastmanner.com)。