• HOME
  • 暮らし
  • 花粉がつかない! 洗濯のコツは「柔軟剤」にあった

花粉がつかない! 洗濯のコツは「柔軟剤」にあった

花粉の季節ですね。深刻な花粉症の人にとっては、衣類や洗濯物に付着した花粉さえも、うっとうしく感じていることと思います。そこで今回は、洗濯物への花粉の付着を防ぐ、マル秘テクニックをご紹介します。

この季節は洗濯物にも花粉がいっぱい

 本格的な花粉シーズンの到来で、花粉症の人は日々、つらい症状に悩まされていることと思います。外出中はもちろんのこと、衣類や洗濯物に付いた花粉によって、部屋の中でも症状に苦しむ重症の方もいらっしゃることでしょう。

 そこでオトナンサー編集部では、外に干した洗濯物になるべく花粉を付着させない方法について、三共クリーニング(東京・旗の台)の田村嘉浩社長に聞きました。

静電気の多い衣類に多く付着する

 田村さんによると、花粉は衣類の凹凸が大きければ大きいほど、また、静電気が多ければ多いほど、たくさん付着する性質があります。

 一般に、カシミヤやセーターなど表面がデコボコした洋服には花粉が付きやすく、逆に、ツルツルしたダウンジャケットなどは付きにくいそうです。静電気については、ポリエステルやウールは静電気を蓄積しやすく、綿やレーヨン、キュプラ(スーツの裏地などの素材)などは蓄積しにくいといいます。

 凹凸の大きな洋服は、できるだけ着ないようにするしかありませんが、静電気については発生しにくくするテクニックがあります。それは「柔軟剤」を使うことです。

 田村さんによると、衣類は通常、干すと静電気が空気中の水分へと放出されます。しかし湿度が低い冬場は空気中の水分が不足しており、静電気が放出されにくくなります。

 そこで柔軟剤を使うと、衣類の表面に油分の膜ができ、衣類内に保持された水分へと静電気が放出されるそう。さらに、この油膜には洗濯中の衣類同士の摩擦を防ぎ、新たな静電気の発生を防ぐ効果もあります。

1 2

田村嘉浩(たむら・よしひろ)

三共クリーニング社長

東京・旗の台で1927年から続く三共クリーニングの3代目社長として、テレビや雑誌など各種メディアで活躍する。クリーニング技術を研究する、NPO法人「日本繊維商品めんてなんす研究会」事務局長も務める。お客さまのファッションケアに関する難問を解決するため、洗濯・クリーニングに関する相談などを受け付け、広くクリーニング技術の啓蒙に力を注いでいる。三共クリーニング(http://www.sankyo-c.com/)。