オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • 「中立」「公平」な放送とは何か いま問われるキャスターの矜持【後編】

「中立」「公平」な放送とは何か いま問われるキャスターの矜持【後編】

元地方局アナウンサーで、現在は大学でマスコミュニケーション論の教鞭をとる筆者が、テレビニュースで重要な役割を担う「キャスター」について論じます。今回はその後編です。

キャスターの発言やスタンスをどう考えるか

 ニュースのありようや、キャスターの役割を考えるのにふさわしい本が、2017年1月に刊行されました。NHK「クローズアップ現代」でキャスターを務めた国谷裕子さんが書かれた「キャスターという仕事」(岩波書店)です。国谷さんはキャスターを23年間務め、落ち着いた番組進行と、毅然とした物言いで多くの人に好感を持たれていました。

 この本でも触れられていますが、国谷さんは2014年7月3日放送の同番組「集団的自衛権 菅官房長官に問う」で自民党の菅義偉官房長官に対して、憲法解釈変更と集団的自衛権の限定的行使について、屈することなく執拗に食い下がりました。私自身、あの場面は今でも覚えており、「聞くべきことは聞く」ジャーナリストとしての姿に感服しました。この本では、国谷さんがキャスターに抜てきされるまでの経緯や心構えがつづられ、ジャーナリストとしての矜持を感じ取ることができます。

世の中の空気に、敏感になりすぎる弊害

 国谷さんは“テレビ報道の危うさ”として、以下の3つを挙げています。

1.事実の豊かさをそぎ落としてしまう

2.視聴者に感情の共有化と一体化を促してしまう

3.視聴者の情緒や人々の風向きにテレビの側が寄り添ってしまう

「1」は、テレビニュースが指向する「分かりやすさ」から来るものです。分かりやすくなければ当然、視聴者には伝わりません。しかし、出来事の複雑な背景を単純化して伝えることで、見えなくなってしまうものもあります。

「2」と「3」はキャスターの心理を考えると、私自身も納得できます。キャスターは視聴者に共感してもらいたいと考えていますし、私も実際にそうでした。常に視聴者の視点で物事を考え、何を言えば視聴者が「そうだよね」と思ってくれるのか。そのような思いで言葉を選んでいました。それが悪いとは言いません。ただ、世の中の空気に、必要以上に敏感になることで、情報をなぞるだけになってしまう危惧もあります。

 世論や国論を二分するような問題について、キャスターは時に発言をためらいます。放送法の問題や局を背負う立場など、さまざまな問題があり、それを避けがちです。しかし、時にはそれを言わなくてはならないこともあります。国谷さん自身も、同調圧力が増し、感情の一体化が進行しつつある現在の日本社会で、「言葉によって問い続けていくこと」が大事だとしています。

1 2 3

深澤弘樹(ふかさわ・ひろき)

駒沢大学文学部社会学科准教授、元・山梨放送アナウンサー

1969年甲府市生まれ。同志社大学卒業。1991年4月山梨日日新聞社入社。甲府市政記者を経て1992年4月から山梨放送アナウンサー。同社に18年間勤務し、テレビ・ラジオのスポーツ実況のほか、ニュースや情報番組などを担当した。山梨放送に勤務する傍ら中央大学大学院で学び、2009年3月に博士(社会情報学)取得。専門はニュース研究、スポーツ実況研究。2010年から現職。主な業績は「変容するテレビニュースとキャスターの役割」(春風社、2015年、単著)など(http://amzn.asia/9vTL2tw)。