オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

沢尻エリカ逮捕でテレビに欠落する“心の問題”という視点 「復帰後押しを」と専門家

沢尻エリカ容疑者が、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された事件が波紋を呼んでいますが、依存症問題の専門家は、薬物問題への理解が進まない現実に警鐘を鳴らします。

沢尻エリカ容疑者(2018年6月、時事通信フォト)
沢尻エリカ容疑者(2018年6月、時事通信フォト)

 沢尻エリカ容疑者が麻薬取締法違反(合成麻薬所持)の疑いで警視庁に逮捕されました。沢尻容疑者は来年の大河ドラマ「麒麟がくる」に、斎藤道三の娘、後に織田信長の正妻となる濃姫役で出演していることから放送の是非が問われています。

 私たちは薬物問題についてどのように理解すべきなのでしょうか。今回は、公益社団法人ギャンブル依存症問題を考える会代表で依存症問題に詳しい田中紀子さんに、薬物問題の問題点について伺います。近著に「ギャンブル依存症」(角川新書)があります。

薬物乱用が正しく理解されていない現実

 薬物問題は根深い問題ですが、なぜか、芸能人の薬物事犯に関してだけは容易に社会復帰をさせない雰囲気があります。田中さんは次のように解説します。

「これは『再犯の防止等の推進に関する法律』にも逆行するものです。一番大切なことは、基本理念のトップに掲げられた『犯罪をした者等の多くが、定職・住居を確保できない等のため、社会復帰が困難なことを踏まえ、犯罪をした者等が、社会において孤立することなく、国民の理解と協力を得て再び社会を構成する一員となることを支援する』という点にあると思います」(田中さん)

「一般の方々にはなかなか理解し難いかもしれませんが、薬物などに頼らなければ人生を生き抜けない、つらい時期があったのです。よりよく、そして周囲の人たちを大事に思い、守ろうとした結果、それらのプレッシャーを受け止めきれずストレスになり、不健康なものを使ってしまったり、ピアプレッシャー、つまり、友人や知人、恋人にすすめられ、断り切れない環境にあったり、手を出してしまったのには何らかの要因があります。

犯罪の側面ばかり強調せず、心の問題、つまり、メンタルヘルスの問題として捉える視点が、テレビに出てくるタレントコメンテーターには欠けているのではないでしょうか」

 では、どのように理解が深まることが望ましいのでしょうか。

「まず、テレビの制作者サイドが依存症の勉強をすることだと思います。私たちは以前、某人気ドラマの覚醒剤事犯に対する描写があまりに現実離れした、ひどくおとしめるものだったので、制作サイドに要望書を提出したことがありました。その際、プロデューサーらが誠実に対応してくださり、局内で勉強会が実現しました。

100人を超えるドラマ、報道の制作サイドの方にお集まりいただいたのですが、皆さんに『知らなかった』『勉強になった』とおっしゃってもらいました。こういう地道なことを働きかけますが、テレビ局側も積極的に行ってほしいと思います」

「また、芸能人の判決言い渡しの際、裁判官も気負ってしまうのか、やたら長い浪花節的な判決文を朗読する傾向にあります。これがますます偏見を助長しているので、薬物乱用や依存症問題で必要なものは何か、スパッと端的に伝えていただきたいと思います。

『再犯の防止等の推進に関する法律』にのっとって、『治療を受け、回復を続けながら、社会復帰を果たすことが望ましい』ときちんと伝えていただく、これが真の意味で、芸能人の特別扱いをやめることではないでしょうか。今後の法曹界の変化を期待します」

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「3行で人を動かす文章術」(WAVE出版)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TW:@k_bito

コメント