オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

染谷将太、窪塚洋介と“15年ぶり”再会シーンで「役ではない自分の感情が…」

映画「最初の晩餐」主演の染谷将太さんに、出演したいと思った理由や、常盤司郎監督の演出などについて聞きました。

染谷将太さん
染谷将太さん

 映画「最初の晩餐」で主演を務める染谷将太さん。同作は、カメラマンの麟太郎(染谷さん)は父・日登志(永瀬正敏さん)の葬儀のため、故郷へ戻ります。通夜振る舞いの弁当を母・アキコ(斉藤由貴さん)が自分で作ると言い出し、料理と共に家族のさまざまな思い出を振り返る中、兄のシュン(窪塚洋介さん)が15年ぶりに帰ってくる…料理をきっかけに家族の時間を取り戻していく作品です。

 オトナンサー編集部では、染谷さんにインタビューを実施。出演したいと思った理由や、常盤司郎監督の演出、役と自身の関係などについて聞きました。

説教くさくない、不器用な家族の話

Q.脚本を読まれて、出演したいと思った最大の理由は何でしょうか。

染谷さん(以下敬称略)「企画の段階で声を掛けていただいて、脚本を読むと、いわゆる家族ものですが説教くさくなくて、不器用な家族のお話でした。ただ、正直な家族のお話だとも思い、そこが魅力的だと感じました。僕の役は受け身で、最後まで悩む役なので難しそうだと思い、より演じたいと思いました」

Q.悩み続ける役を演じるのは難しかったですか。

染谷「すごく不安です。分かっていることを、こういうことですよと芝居をする方が楽なので安心できます。物事をつかめていない状態を、つかめていないんですと表現するのは不安です。よりどころがないのですごく不安でしたが、それが楽しかったです」

Q.麟太郎は常盤監督自身が反映されている役ですが、監督を演じる感覚はありましたか。

染谷「ゼロではなかったです。監督の性格はどういう性格か考えていました。ただ、聞くのは駄目だろうと思いました。聞いてしまうと正しい答えが返ってきそうな気がしたので聞かず、観察していました」

Q.麟太郎と似ているところや共感できるところは。

染谷「受け身な役ですが、人から後押しされて前に踏み出すところは似ている気がします。自分に置き換えての共感はないのですが、生きていれば分からないことはたくさんあり、歩み寄ろうとする姿勢が大切であって、分からなくていいんだよというところは『そうだよな』と思いました」

Q.15年ぶりに兄のシュンが戻るシーンは、どんなことを感じながら演じられましたか。

染谷「本当はあまりしたくなかったのですが、役ではない自分の感情が動かされたところがあります。窪塚さんと久しぶりの共演なので、僕の感情が麟太郎の感情に拍車をかけました。兄との再会は、劇中では時間もたち、容姿も変わっているので、見た目は変わったけど懐かしい人という感動と困惑があり、それが湧き出るシーンでした」

Q.役とご自身を分けているということでしょうか。

染谷「そうだと思います。一緒にするとブレる気がしています。無意識に一緒になることはありますが分けたいです」

Q.いろいろな食べ物が出てきますが、劇中の印象的な料理は。

染谷「目玉焼きにチーズは絶妙だと思いました。手の込んだ料理ではなく、永瀬さんが作ったからというのもあるかもしれませんが、すごくいとしい料理だと思いました」

Q.染谷さんが最後に食べたいものは何でしょうか。

染谷「おすしですかね。ある種、形式が決まっているのに、いろいろなクリエーティブな作り方が無限大にあるのがすてきだと思います」

Q.染谷さん自身は料理はされますか。

染谷「炒め物程度ですね。1週間に1回するかどうかです」

Q.普段、リフレッシュにされていることを教えてください。

染谷「散歩です。家族ともしますし、地方ロケに行くと必ず散歩します」

Q.これまで散歩された場所で心に残っている場所はありますか。

染谷「函館で映画を撮影していたとき、海があって駅があって大きな道があり、なぜか、不思議な場所だと感じました。海の風が流れているんですが心地いい場所でした」

 映画「最初の晩餐」は公開中。

ヘアメーク:AMANO
スタイリスト:清水奈緒美

(オトナンサー編集部)

コメント