オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

キムチ、カレーにサンマまで…スイーツとは思えないアイス製造会社が宮城に、なぜ開発?

ラーメン、キムチ、カレーなど、スイーツとは無縁の食べ物の味をアイスで再現した会社があります。なぜ、変わったアイスを開発したのでしょうか。

「風月堂」のアイス
「風月堂」のアイス

 変わった味のアイスがネット上で話題になることがありますが、「みそラーメンアイス」「キムチアイス」「インドカレーアイス」など、スイーツとは全く関係のない食べ物の味を次々とアイスで再現している会社が宮城県石巻市にあります。洋菓子、和菓子メーカーの「風月堂」。100種類以上のアイスを自ら製造・販売してきたという佐藤恵昭社長に聞きました。

50年前からアイス製造を開始

Q.そもそも、変わったアイスを開発した理由は。

佐藤さん「アイスの製造は50年ほど前から始めました。わが家は昔から農家をやっていましたが、当時は食の欧米化などでコメの需要が減り、減反政策が開始された時期でもありました。作ったコメを自分たちで何とかしようと模索する中、コメを使ったアイスを作ろうと思い付きました。600万円かけてアイスの製造機を2台購入し、イタリア料理の外国人シェフにアイスの作り方を指導してもらいました。

アイスの第1号商品として開発した『ササニシキアイス』が評判となると、今度は喜多方ラーメン店の経営者や青年会議所の会長、副会長から『ラーメンのアイスを作ってほしい』と依頼があり、ラーメンアイスも開発しました。その後も、サンマ、アワビなど、さまざまな種類のアイスを開発しました。コメとラーメンのアイスに関しては、特許を取得しています」

Q.アイスの企画はどのようにしているのですか。

佐藤さん「『地域の特産品を使ったアイスを作ってほしい』と依頼を受けて企画することが多いです。例えば、『茶色い焼きそばアイス』は石巻市発祥の『茶色い焼きそば』をPRしようと開発した商品です。先日は、石巻市に来春オープンする博物館から依頼を受け、ミンククジラの肉を使ったアイスを開発し、納品しました。すでに2回目の受注を頂いています」

Q.これまでに何種類のアイスを開発したのでしょうか。

佐藤さん「140種類ほどです。これまでに開発した変わり種のアイスはマムシやキャビアのアイス、くさやのアイスなどです。食べ物ではありませんが、セミの抜け殻を使ったアイスもあります」

Q.人気のアイスは。

佐藤さん「宮城県にちなんだ食材のアイスがよく売れます。魚介系のアイスでは『三陸うにアイス』『海のかきアイス』『ほやアイス』、その他の分野では『牛たんアイス』『茶色い焼きそばアイス』『伊達の塩アイス』『ずんだシェイクアイス』などが人気です。現在は『伊達の塩アイス』にタピオカを入れた『タピオカ伊達の塩バニラシェイク』がよく売れています」

Q.「源氏ボタルアイス」という商品があるようですが、まさかホタルを…。

佐藤さん「黒ゴマとはちみつを使って製造したアイスです。宮城県登米市東和町にある道の駅の近くにゲンジホタルで有名な川があり、道の駅の関係者から依頼を受けて開発しました。当初、チョコレートで作ったホタルをのせていましたが、『ゴキブリのようだ』と言われてあまり売れなかったため、チョコで作ったハチに変更しました。ハチのおしりの近くには金箔(きんぱく)をのせています。その後、テレビやSNSで話題となり、人気商品となりました」

Q.「キムチアイス」「インドカレーアイス」も気になりました。開発の経緯は。

佐藤さん「『キムチアイス』は宮城県大衡村にある道の駅の関係者から依頼を受けて開発しました。大衡村にキムチ作りで有名な人がおり、その人のキムチを使い製造しました。カップにはキムチの製造者の名前を入れています。

『インドカレーアイス』は私が開発しました。カレーうどんが大好きでよく食べるためです。製造時はカレーのにおいが機械に染み付き、取れないので大変です。楽天生命パーク宮城で行われたイベントでも使われました。キムチやインドカレーのアイスを製造しているのは、恐らく国内で私だけではないでしょうか」

Q.これまでに苦労したことは。

佐藤さん「工場は魚介類を使ったアイスの製造にも耐えられるだけの設備でしたが、さすがに、くさやのアイスを作ったときは工場内がにおいました。また、東日本大震災を機に経営環境が変化しました。工場は被災を免れたものの、4階建て店舗の1階部分が津波で損壊し、震災前は香港、マカオ、台湾、中東向けにアイスを輸出していましたが、震災後は放射能の問題で取引がすべて停止しました。現在も海外との取引は停止したままです。

ただ、『変わったアイスを製造している会社』として認知され、今でも全国から、アイスの商品化に関する問い合わせがあります。また、全国各地でアイスの出張販売をしており、来年1月には都内の高級スーパーでも試食販売を行う予定です。今後も積極的に商品開発に取り組んでいき、話題性のある商品を提供していきたいです」

 ラーメン味、サンマ味など各種アイスは風月堂のサイトのほか、アイス卸売会社の雪和商事(千葉県柏市)が運営する通販サイト「アイス天国」で購入できます。

(オトナンサー編集部)

【写真】「焼きそば」「ほや」などのアイスも

画像ギャラリー

コメント