オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

夜泣きの激しい乳児に「睡眠薬」処方、副作用などの影響はない?

乳児の夜泣きが激しいと、寝不足などで親は日常生活に支障をきたします。そこで、乳児に睡眠薬を処方する病院があるようですが、問題ないのでしょうか。

夜泣きが激しい乳児に睡眠薬?
夜泣きが激しい乳児に睡眠薬?

 乳児の夜泣きが激しいと、親は深刻な寝不足となり、日常生活にも支障をきたす可能性があります。ネット上で先日、「2歳に満たない赤ちゃんに睡眠薬が処方されていた」という記事が配信されました。夜泣きが激しく、母親がほとんど眠れていないという事情から、診察した医師が処方したそうです。「赤ちゃんに睡眠薬を処方することに問題はないのだろうか」と思いますが、記事によると、こうした例は必ずしもゼロではないそうです。

 乳児に睡眠薬を飲ませても問題ないのか、産婦人科医の尾西芳子さんに聞きました。

医療行為としては禁止されていない

Q.乳児に睡眠薬を処方することは、禁止されていないのでしょうか。

尾西さん「乳児に睡眠薬を処方すること自体は、医療行為としては禁止されていません。ただし、夜泣きの対策や、電車などの公共交通機関に乗るときに静かにしてほしいという理由から処方することは、全く推奨されません」

Q.乳児に睡眠薬を処方するのは、どのようなときですか。

尾西さん「病院で乳児の検査や治療を行うとき、眠らせた方がよい場合に医師の監視のもとで処方することがほとんどです。ただ、医師によっては、激しい夜泣きなどで悩む母親の悲痛な訴えに対し、何かしてあげたいという思いで睡眠薬を処方するケースもゼロではないようです」

Q.乳児に処方する睡眠薬は、大人用と同じ成分なのでしょうか。それとも乳児向けの睡眠薬が存在するのでしょうか。

尾西さん「成分としては大人用と同じです。乳児向けの睡眠薬があるわけではありません。ただし、睡眠薬というよりは、眠気を副作用として持つ抗アレルギー剤が使われることが多いです」

Q.乳児に睡眠薬や抗アレルギー剤を飲ませても、副作用などの問題は起きないのでしょうか。

尾西さん「副作用が起きる可能性はあります。乳児は体重によって適正な薬の量も異なり、投与量を間違えると呼吸が止まってしまう危険性もあります。また、薬によって眠る段階までいかず、だるさや不快感が現れることもあり、その場合、余計に夜泣きがひどくなることもあり得ます」

Q.夜泣きが激しく悩んでいるときに、病院からわが子に睡眠薬や抗アレルギー剤が処方された場合、飲ませた方がよいのでしょうか。飲ませない方がよいのでしょうか。

尾西さん「薬を飲ませたくなる気持ちもよく分かります。しかし、睡眠薬や抗アレルギー剤は薬です。先述のような副作用も考えられるので、安易に手を出すのはやめた方がよいでしょう。どうしてもという場合には、なるべく副作用の少ない、気持ちを静める漢方薬などの処方をお願いしてみるのもいいでしょう」

Q.夜泣きへの対処法は、ネットなどにも数多く見られます。夜泣きが激しく寝不足などで体調に支障をきたす可能性がある親は、どのようにして体調保持に努めればよいでしょうか。

尾西さん「夜泣きをする子どもに悩む親御さんは多くいらっしゃいます。親も眠れないということで、日中の生活もままならない状況だと思います。親が疲れ果ててしまい、子どもへの愛着を感じなくなったり、うつになったりしては大変です。

まずは一人で抱え込まず、家族で交代で子どもの面倒を見て、休める時間を確保することです。また、地域の子育て支援サービスなどを利用し、できるだけ休息の時間をつくることも考えましょう」

(オトナンサー編集部)

尾西芳子(おにし・よしこ)

産婦人科医(日本産科婦人科学会会員、日本女性医学学会会員、日本産婦人科乳腺学会会員)

2005年神戸大学国際文化学部卒業、山口大学医学部学士編入学。2009年山口大学医学部卒業。東京慈恵会医科大学附属病院研修医、日本赤十字社医療センター産婦人科、済生会中津病院産婦人科などを経て、現在は高輪台レディースクリニック副医院長。「どんな小さな不調でも相談に来てほしい」と、女性のすべての悩みに答えられるかかりつけ医を目指している。産科・婦人科医の立場から、働く女性や管理職の男性に向けた企業研修を行っているほか、モデル経験があり、美と健康に関する知識も豊富。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/yoshiko-onishi/)。

コメント