オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

ヘルシーじゃないの? 鶏胸肉やささ身の食べ過ぎで「痛風」に…情報話題、実際は?

「鶏胸肉やささ身を食べ過ぎると痛風になる」というネット情報が話題に。脂身が少なくヘルシーなイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

鶏のささ身や胸肉、実はプリン体が多い?
鶏のささ身や胸肉、実はプリン体が多い?

 ネット上で、「鶏胸肉やささ身を食べ過ぎると痛風になる」との情報が話題になっています。鶏胸肉やささ身は脂身が少なくヘルシーなイメージがあることから、筋トレやダイエットに励みながら食べている人も多いはずです。しかし、実はプリン体が多く含まれており、多量に摂取すると痛風の原因になるなど健康リスクが高まるようです。ネット上では「知らなかった」「体に優しいと思っていたのに」「毎日鶏胸肉を食べてるから心配」など、さまざまな声が上がっています。

 鶏胸肉やささ身の食べ過ぎが、プリン体の取り過ぎにつながるのは事実でしょうか。料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに聞きました。

プリン体は肝臓で分解され「尿酸」に

Q.そもそも「プリン体」とは何でしょうか。

関口さん「プリン体とは、細胞の核の中にある遺伝子の構成成分で、人の体内でも作られる、私たちの生命活動に必要不可欠な物質です。細胞内や食べ物から摂取したプリン体が血液中に運ばれると、肝臓で分解され、最終的に尿酸になります。

通常は、余分なものを尿や便と一緒に排せつし、一定量に調節されていますが、食事や乱れた生活習慣の影響で尿酸が多くなり過ぎると、『高尿酸血症』を起こします。この状態が続くと、尿酸が結晶化して関節に沈着し、炎症を起こして『痛風』と呼ばれる痛みが発生します。

日本痛風・核酸代謝学会の『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』によると、性別・年齢問わず1日400ミリグラムを目安にしたプリン体の摂取制限が示されています」

Q.プリン体が多く含まれる食品は。

関口さん「プリン体はあらゆる生物の細胞内に存在するため、ほとんどの食品に含まれています。特に鶏レバーやマイワシの干物、白子、あん肝、タイショウエビ、タラコ、カツオ、イワシ、サンマなどの動物性食品に多いです。アルコール飲料では、ビールに多く含まれています」

Q.鶏胸肉やささ身にも、プリン体が多く含まれているというのは事実でしょうか。

関口さん「事実です。100グラム当たり、鶏胸肉には141ミリグラム、ささ身には154ミリグラムのプリン体が含まれます。この量をビールで換算すると、350ミリリットル缶で3~4本分にもなります。鶏肉は、肉類の中では最もカロリーが低いですが、プリン体量は最も多い食材です」

Q.「プリン体=悪」だと考える人も少なくないようですが、実際にそうなのでしょうか。

関口さん「プリン体が生命活動に欠かせない物質であることは間違いありません。問題なのはプリン体が分解された後、尿酸の血中濃度が高くなることです。食事による取り過ぎはもちろん、体内で尿酸を過剰に作り過ぎたり、余分な尿酸を排せつしにくかったりする体質であることも原因となります。それには、乱れた生活習慣が大きく影響しており、内臓脂肪の蓄積や糖質過多・高脂肪の食事、飲酒、ストレスなどが大きく関係しています。

プリン体が多い食べ物を取り過ぎると、生活習慣病の併発リスクも高くなり、痛風だけでなくメタボリック症候群、高血圧、高脂血症、動脈硬化などが懸念されます。一方、摂取量が少な過ぎる場合については、プリン体は体内で作られるのと、どの食品にも幅広く含まれているので、通常は意識して取ろうとしなくても問題ありません」

Q.筋トレやダイエットをしている関係で、鶏胸肉やささ身を中心に食べている人も多くいます。プリン体を取り過ぎないために工夫できることはありますか。

関口さん「先述の『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』で示されている、プリン体の1日の摂取量400ミリグラムは鶏胸肉であれば、大きめのもの1枚分程度です。鶏肉に偏らず、豚肉や牛肉、豆腐、魚肉ソーセージ、カッテージチーズ、卵など、プリン体の低いタンパク源を組み合わせることで栄養のバランスもアップします。プリン体は水溶性なので調理法としてはゆでるのがおすすめです。

また、緑黄色野菜などに含まれる『葉酸』は尿酸値を下げるのに役立ちます。ブロッコリーやモロヘイヤ、菜の花といった緑色の濃い野菜を併せて取るとよいでしょう。激しい筋トレなどの無酸素運動を行うと、尿酸値が上がりやすくなります。筋トレ後は有酸素運動をしたり、運動後のビールを控えたりする方がよいでしょう」

Q.毎日、鶏胸肉を食べたり、主食代わりにささ身を食べたりする生活習慣の人が意識すべきポイントは。

関口さん「タンパク質は、健康と美容を維持する上で大切な栄養素です。鶏胸肉やささ身は低カロリー・高タンパクなヘルシー食材ではありますが、タンパク質の構成成分であるアミノ酸は、多種類の食品を組み合わせることでお互いに足りない部分を補い合い、効率よく利用されます。動物性と植物性を組み合わせて、多種類の食品をバランスよく取ることをおすすめします」

(オトナンサー編集部)

関口絢子(せきぐち・あやこ)

料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/)。

コメント