オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

×

新人に命令は通じない! ボトムアップで相手を巻き込める「5つの質問」

職場や家庭で、相手と話がかみ合わないことがあります。コミュニケーションを円滑にするためには、何が必要なのでしょうか。

相手とうまくコミュニケーションを取るための質問
相手とうまくコミュニケーションを取るための質問

 10月1日、多くの企業で入社内定式が行われました。企業には毎年、新入社員が入社してきますが年を経るごとに、「新入社員との接し方が分からない」「上司や同僚、部下を巻き込めない」「世代の異なる相手と話がかみ合わない」と悩む社員が増えています。ときに「親子でコミュニケーションが取りづらい」と家庭にまで話が及ぶことも。中には、「指示はしたけれども従わない」「助言をしたら『なぜ、そうしなければならないのですか』と歯向かわれた」と筆者に相談してくる上司もいます。

 なぜ、相手に受け入れてもらえないのでしょうか。

指示や助言を我慢し、質問を展開する

 そのような相談をしてくる人に、普段どのような会話をしているか再現してもらうと、「○○してください」「○○した方がよいと思うよ」といった指示や助言が多いという共通の傾向があることが分かりました。相手が話している割合よりも、自分が話している割合の方が圧倒的に多いのです。理由は、「時間がないので、結論だけ指示した」「他のベテラン社員に対するのと同じように、上司として命令した」というわけです。

 しかし、一方的に話し、指示や命令をしているだけでは相手を巻き込めず、話がかみ合わなくてコミュニケーションが取りづらくなるのは、当たり前です。長年、同じ価値観を持って仕事をしてきて、指示や命令に慣れているベテラン社員には通用するかもしれませんが、異なる価値観を持っているかもしれない新入社員に対しては、通用しないのです。

 では、どのようなスキルを発揮すれば、相手を巻き込みやすくなるのでしょうか。要は、指示や命令という「トップダウン」とは逆の方法をとればよいということになります。筆者はそれを「ボトムアップの巻き込み型のコミュニケーション手法」と名付けています。

「ボトムアップの巻き込み型のコミュニケーション手法」といっても、漠然とした概念を打ち出しただけでは、一体どのようなコミュニケーションをすればよいのか頭では分かっても、話法で繰り出せないということになってしまいます。

 20年来、演習を繰り返す中で、参加者の素晴らしい話法を参考にさせていただきながら、筆者は「ボトムアップの巻き込み型のコミュニケーション手法」を最も発揮しやすい、5つの質問をモデル化しました。この5つの質問を繰り出せば、相手を巻き込めるようになるのに加え、話がかみ合うようになり、コミュニケーションが取りやすくなります。

1 2

山口博(やまぐち・ひろし)

モチベーションファクター代表取締役

長野県上田市出身。慶応義塾大学法学部卒業。国内外金融・IT・製造企業の人材開発・人事部長歴任後、PwC/KPMGコンサルティング各ディレクターを経て現職。モチベーションファクター(R)(意欲を高める要素)をてこにした分解スキル反復演習(R)型能力開発プログラムを開発、展開しているグローバルトレーニングトレーナー。横浜国立大学大学院非常勤講師。主な著書に「ビジネススキル急上昇日めくりドリル」(http://amzn.asia/d/cwWsVkE)、「チームを動かすファシリテーションのドリル」(単行本=http://amzn.asia/d/6ZPWVaC、新書=http://amzn.asia/d/hRTRrvn)、「99%の人が気づいていないビジネス力アップの基本100」(http://amzn.asia/d/8z6NmSl)。

コメント