オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

いま話題の「NISA」、どんなメリットがある?

NISAの注意点

 年間120万円までであれば、株式や投資信託などの譲渡益や分配金、配当金(以下「譲渡益等」)が非課税になるNISAですが、いくつかの注意点もあります。

・損益通算できない

 NISA口座は、譲渡益等が発生した場合は非課税になりますが、損失が発生した場合、ほかの課税口座と損益通算できません。

 「損益通算」とは、株式や投資信託の譲渡で損失が発生した場合、確定申告をすることで、譲渡益等と相殺できる制度のことです。例えば、ある年に100万円の損失があった場合、翌年に100万円の利益が発生すれば、確定申告を行うことで損失と利益を相殺できます。

 また、損益通算してもまだ損失が残ってしまう場合、確定申告をすれば、翌年から3年間にわたって利益と相殺できる「繰越控除」制度もあります。

 NISA口座はこうした制度が適用されないため、課税口座で利益が発生し、NISA口座で損失が発生しても損益通算できません。この場合、課税口座だけで管理していれば、損益通算できますが、NISA口座に分けてしまったために、課税口座の譲渡益等が課税対象となってしまうのです。

 NISA口座は、利益については非課税のメリットがある一方で、損失に関しては課税口座と損益通算できないため注意が必要です。

・金融機関は事前検討すべき

 NISA口座の非課税期間は最長5年間ですが、期間終了後、口座に残っている資産のうち120万円以内を新しいNISA口座に移し、非課税期間を5年間延ばすことができます。これを「ロールオーバー」といいます。

【ロールオーバーの例】

ロールオーバーの例

 ただし、ロールオーバーの前後で金融機関は同一でなければならないルールがあるため、長期投資を考えている人はどの金融機関に口座を開設するのか、事前にしっかり検討する必要があるでしょう。

・枠の再利用ができない

 NISA口座で購入した商品は好きな時に売却できますが、その分の「枠」が空いたからといって、新たに投資を行うことはできません。最初に投じた金額が年間120万円に達しているかどうかが基準になります。

 例えば、NISA口座開設時に、ある上場株式に120万円を投資し、途中で20万円分を売却したとしても、新たに20万円の投資を行うことはできません。入り口で既に、「年間120万円」の枠を使っているからです。また、その年に使わなかった「枠」を翌年以降に持ち越すこともできません。

 そのため、NISA口座では、資産配分を見直したり、商品を買い替えたりすることが難しい傾向にあります。

・NISAの前提は長期保有

 NISAは「貯蓄から投資へ」の流れの中で、個人投資を促すための施策としてスタートしました。

 NISA口座には、購入した120万円分の株式のうち一部を売却したからといって、空いた枠を新たな投資に使うことはできず、また、使わなかった枠を翌年以降に持ち越すこともできない、という特徴があります。

 一方で、一度保有した資産を売却せずに保有し続けると、5年後にロールオーバーを利用して、非課税期間を5年間延長することができます。つまり、NISAは短期的な売買よりも、長期保有による資産形成を促す制度と言えます。NISAで商品を選ぶ際には、5年間の非課税期間というメリットを生かせる長期保有を念頭に置くことが大切です。

1 2 3 4 5

田口豊太郎(たぐち・とよたろう)

あおば会計事務所代表税理士

1976年生まれ。埼玉県出身。中央大学商学部卒。進学塾講師を経て、都内会計事務所に勤務。2009年に税理士法人スパイラル入社、2011年パートナーに昇格。2014年にあおば会計事務所を設立。金融機関や不動産会社、旅行代理店などでセミナーの実績多数。

コメント