オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

赤ちゃん用「おしりふき」が顔拭きにも使えて“万能”だと話題に、真偽は? 団体に聞く

赤ちゃんのおむつ替えの際に使う「おしりふき」が、体や顔を拭くときにも使えて便利と話題になっています。業界団体に聞きました。

「おしりふき」は何にでも使える?
「おしりふき」は何にでも使える?

 子育て中の人たちが、赤ちゃんのおむつ替えの際に使う「おしりふき」が、体や顔を拭くときにも使えて便利だとネット上で話題になっています。説明書きを見ると確かに「手や体にも使えます」と書いてある商品もありますが、SNS上では「おむつ替えのときに使う物で顔を拭きたくない」「抵抗がある」といった声もあります。“おしりふき万能説”の真偽について、業界団体である日本衛生材料工業連合会の高橋紳哉専務理事に聞きました。

法律上は「化粧品類」に分類される

Q.赤ちゃん用のおしりふきには、どのような特徴があるのでしょうか。

高橋さん「赤ちゃん用のおしりふきは法律上『化粧品類』に属しています。厚生労働省が定めている化粧品基準に適合した、皮膚に対する安全性に支障がない原料を使い、化粧品を造るための認可を受けた工場で造られています。普通のウエットティッシュとは工場から違うのです。赤ちゃんの肌は成人と違って弱いので、化粧品に使用する成分、化粧品基準の工場で造っています。成分について少し具体的にいうと、水を主成分に、カビや細菌など微生物の繁殖を抑える防腐剤や、肌あれ防止のための湿潤剤・保湿剤などを含んでいます」

Q.顔や手など、体のほかの場所にも使えるのでしょうか。

高橋さん「使えるかと聞かれたら、確かに『使えます』ということになります。先述したように、中に含まれている薬液は化粧品に使用する原料を使っていますから、低刺激で、顔や体のほかの部分に使っても問題ありません。ただし、『トイレに流せる』としている商品は素材が違いますので、顔を拭くのはやめた方がよいです」

Q.「おしり用の成分」というのは含まれているのでしょうか。

高橋さん「それは各社ごとに違うので一概には言えません。ただ、汚れ落としの成分はほとんど入っていません。あくまで、化粧品基準で肌を拭くための製品を造っています」

Q.顔や手を拭いてもよいのに「おしりふき」として販売している理由は。

高橋さん「メーカーとしてはやはり、顔や手を拭くのとは目的が違うので、おむつ交換のときのおしりふきに適した製品として製造・販売することになります。顔や手を拭く場合、機能として要求されることがおしり用とは違います。化粧落とし用なのか、汗拭き用なのか、保湿を求めるのか。それぞれの目的で成分が違いますので、それぞれに適した製品を造っているのです」

Q.おしりふき用ということで、顔や体用より丈夫なのでしょうか。

高橋さん「一概には言えません」

Q.おしりふきは万能、と解釈してよいでしょうか。

高橋さん「あくまで『手や顔に使ってもよい』ということであって、顔や手にはそれぞれの目的に適した成分があります。メーカーとしても『お客さんが使うのをダメとは言えないが、積極的に勧めるものでもない』というところだと思います」

(オトナンサー編集部)

コメント