オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

スマホ「バーコード決済」、コンビニ各社参入で競争激化へ 勝者やサービスの未来は?

スマホを使ったバーコード決済サービスが普及していますが、顧客の獲得をめぐり競争の激化が予想されています。

不正アクセスを受けた「7pay」(2019年7月、時事)
不正アクセスを受けた「7pay」(2019年7月、時事)

 近年、スマホを使ったバーコード決済サービスが普及していますが、7月1日からはコンビニ大手のセブン-イレブン、ファミリーマートもそれぞれ、独自のバーコード決済サービスを開始しました。ところが、大手コンビニでは、LINE PayやPayPayなど複数のライバル会社の決済サービスも利用できることから、顧客の獲得をめぐり競争の激化が予想されます。バーコード決済が乱立する中、どのようなサービスが生き残るのでしょうか。流通アナリストの渡辺広明さんに聞きました。

「7pay」「Fami Pay」は厳しい戦いか

Q.さまざまなバーコード決済サービスが登場していますね。

渡辺さん「現在、バーコードを使ったスマホ決済はコンビニで利用できるものだけでも、およそ15種類あります。コンビニで使えないものも合わせればもっとあります。バーコード決済は、銀行口座やクレジットカードの情報をひもづけて使うサービスです。購入履歴などプライバシーを気にする人にとっては少し不安で、気にしない人にとっては便利でしょう。つまり、使用時に便利さを選ぶか、プライバシーを選ぶかです。私は確実に便利さを選びます」

Q.国内でこれまで、電子決済が普及してこなかったのはなぜでしょうか。

渡辺さん「小売業者にとって、決済サービスの手数料が高いからです。例えば、VISAやMastercardの手数料は3~7%といわれており、小売業者は導入したくありませんでした。『Bank Pay』のような金融機関系のサービスはデビットカードの決済網を使うため、手数料が1%台と安価に抑えられるといわれています。金融機関系のサービスの運営者は、手数料を下げて間口を広げようとしています」

Q.どのような決済サービスが有利なのでしょうか。

渡辺さん「顧客が多いサービスほど成長性があります。例えば、LINEは8000万人、ドコモも7000万人のユーザーがいるので2社は勝ちやすいはずです、国内で他に有利なのは、日本郵政かもしれません。今年の秋にサービスを始める『Bank Pay』も、対応するすべての銀行を合わせたら顧客はかなりの数になります。

ただ、『ゆうちょペイ』は他社のサービスに比べてキャンペーンが少ないため、ポイントが欲しい人はなかなかやろうとしません。『Bank Pay』『ゆうちょペイ』は、登録した銀行口座から直接、料金を支払う仕組みなのでデビットカードと同じです。つまり、シニアの人は使うかもしれません。『銀行だったら安心』という気持ちがあるからです」

Q.7月からサービスを開始した「7pay」や「Fami Pay」はどうでしょうか。

渡辺さん「大手コンビニは店舗数が多いため、今回開始された2社のサービスは、電子決済の普及の後押しになると思います。ただ、利便性を考えると、ライバル会社のサービスとの競争では、厳しい戦いを強いられます。『Fami Pay』がセブンでも使える、あるいは『7pay』が他のコンビニで使えるようになれば話は別です。しかし、自社の店舗だけでしか使えない決済サービスというのは、現在の『nanaco』などと同じで、使用範囲を限定することで利便性が悪くなり、伸びにくいと思います。

最終的には、セブン-イレブンやファミリーマートで便利に使いたい人だけが使うサービスになると思います。そうした意味で、さまざまな店舗で利用できる決済サービスは伸びしろがありますし、手数料がライバル会社よりも安ければ勝ち残れる可能性は高まります」

Q.「7pay」は、3日に不正アクセスを受けていたことが発覚し、約900人(被害総額は4日時点で約5500万円)が被害を受けたとされています。

渡辺さん「電子決済化の流れに若干、マイナスとなり残念です。この件を機会にサービスの安全性を高め、電子決済の普及につながればよいと思います」

1 2 3

渡辺広明(わたなべ・ひろあき)

流通アナリスト、マーケティングアナリスト、コンビニジャーナリスト

1967年4月24日生まれ。浜松市出身。東洋大学法学部経営法学科卒業後、ローソン入社。22年勤務し、店長、スーパーバイザーを経てコンビニバイヤーを16年経験、約700品の商品開発を行う。同社退社後、pdc、TBCグループを経て、2019年3月、やらまいかマーケティング(https://www.yaramaikahw.com/)を設立。同時期に芸能事務所オスカープロモーションに移籍し、オフラインサロン「流通未来研究所」(https://camp-fire.jp/projects/133593/preview?token=1el9lzc4&fbclid=IwAR3GD4YzOAqgGt7X0xdi1XIpv9jG-EpT1wd57is5xCwlKN2UDjkqqcwWGeI)を開設。テレビ、ラジオなどで幅広く活動する。著書に「コンビニの傘はなぜ大きくなったのか」(グーテンブック)

コメント