オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

親戚の集まりあるある? 「結婚まだか」「仕事順調か」をさり気なくかわす方法

「心配してくれてありがとう」のひと言を

 齊木さんが挙げる「返し方」の例は以下の通りです。

1.「結婚はまだか」に対して

「結婚っていいよね。早く理想のパートナーに出会いたいよ。心配してくれてありがとう。ところで…」と、相手の話しやすい話題に切り替えるのも手です。

2.「仕事は順調なのか」に対して

「仕事って大変だよね。○○さんの苦労が今になってわかるよ。心配してくれてありがとう。そう言えば…」と、自分の話しやすい話題に切り替えるのもよいでしょう。

 齊木さんは「いずれにせよ、『心配してくれてありがとう』のひと言を添えることで、礼儀正しい対応になるだけでなく、相手としてもそれ以上、追及しにくくなるでしょう。苦労する場面でもありますが、上手な返し方を身につけて、親類や親戚とのコミュニケーションを楽しみましょう」と話しています。

(オトナンサー編集部)

1 2

齊木由香(さいき・ゆか)

日本礼法教授、和文化研究家、着付師

旧酒蔵家出身で、幼少期から「新年のあいさつ」などの年間行事で和装を着用し、着物に親しむ。大妻女子大学で着物を生地から製作するなど、日本文化における衣食住について研究。2002年に芸能プロダクションによる約4000人のオーディションを勝ち抜き、テレビドラマやCM、映画などに多数出演。ドラマで和装を着用した経験を生かし“魅せる着物”を提案する。保有資格は「民族衣装文化普及協会認定着物着付師範」「日本礼法教授」「食生活アドバイザー」「秘書検定1級」「英語検定2級」など。オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/yukasaiki)。

コメント