オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

欧米では座席を擬人化しない! 「ファーストクラス」を崇拝する日本人の摩訶不思議

日本では、ステータスの象徴と見なされがちな飛行機の「ファーストクラス」。しかし、筆者によると、欧米では少し事情が異なるようです。

「ファーストクラス」に対する日本の価値観は特殊?
「ファーストクラス」に対する日本の価値観は特殊?

 以前、「ファーストクラスのお客様はこんな人」「ファーストクラスのお客様はこんなに素晴らしい」という内容の書籍やトピックが話題になったことがあります。最近はこの類いの話題を聞かなくなりました。

 推測ですが、政治家のファーストクラス利用に始まり、ファーストクラスが一般的に嫌気されているのではないかと考えています。日本における、ファーストクラスへの見解は異質であり、欧米のそれとは一線を画しています。

ファーストクラスは座席にすぎない

 数年前、元CAが登壇したビジネスセミナーで「ファーストクラスの乗客は、気品があり、姿勢がよく、歯並びもキレイで、加齢臭もない。総じて気配りができて振る舞いが美しい」という話を聞いたことがあります。理由は、自分自身のセルフブランディングができていて、周囲への心配りが行き届いているという理由でした。

 筆者の経験上、ファーストクラスは確かに、アッパークラスの乗客が多いことは間違いありません。軽装は潜在的に禁止、という雰囲気を感じることもあります。

 例えば、「employee free ticket/EFチケット」(従業員チケット)には、軽装は、「don’t recommended」(お勧めしない)と明確に書かれています。ドレスコードがあるわけではありませんが、一流ホテルのそれと比較しても差し支えない雰囲気があります。客層の身だしなみは整っていますから、この着眼点には同意できます。

 しかし、この傾向は日本の大手航空会社のみに見られる傾向です。入社後は、自宅から会社まで送迎付きの環境なので、少々勘違いをしたCAが養成されることもあります。

 欧米の航空会社はどうでしょうか。ファーストクラスは上級シートとしての位置付けであることは間違いありませんが、「所詮は席のランク」という認識です。日本のように、座席を擬人化して席に価値があることを訴えることはしません。

 日本と欧米ではCAに対する認識も異なります。日本ではCAのポジションが高く、憧れの職業です。欧米では保安要員としての認識が強いので、男性CAも多く、日本のような評価はされません。

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「3行で人を動かす文章術」(WAVE出版)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TW:@k_bito

コメント

チャボ にコメントする コメントをキャンセル

2件のコメント

  1. ファーストクラスに関する中身のない個人的見解が続き、どう締めるのかと思えばただ自分の本を売り込みたいだけかい!
    時間返せ。

  2. 毎日送迎付きのCAなんてもはや、いない。
    きちんと取材してから記事を書け。