オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

注意報レベルの地域も…「インフルエンザ」が5月になっても流行している理由

冬場に大流行したインフルエンザ。春から、またじわりと感染者が増え、5月に入っても注意報レベルの地域があります。

新型インフルエンザの国内初感染が確認された際は、検疫官が米機内の消毒も行った(2009年5月、時事)
新型インフルエンザの国内初感染が確認された際は、検疫官が米機内の消毒も行った(2009年5月、時事)

 冬場に大流行したインフルエンザがいったん収まったかに見えたものの、春からまたじわりと感染者が増え、5月に入っても注意報レベルの地域があります。冬の寒い時期に流行するというイメージのあるインフルエンザが、また流行しているのはなぜでしょうか。5月のインフルエンザといえば、10年前の2009年5月、新型インフルエンザの患者が国内で初めて確認され、大きな騒ぎとなりました。4~5月にインフルエンザが流行する理由について、医師の市原由美江さんに聞きました。

シーズン後半は「B型」が流行

Q.インフルエンザの患者数の推移には、どのような傾向があるのでしょうか。

市原さん「12月ごろから患者数が増えて1~2月にピークを迎え、その後、徐々に減っていきますが夏場でもゼロではありません」

Q.4月下旬、インフルエンザの患者の報告が増えました。この時期に流行するのはなぜですか。

市原さん「インフルエンザは一般に、シーズン前半はA型が流行し、後半はB型が流行する傾向にありますが、今年はB型の流行があまりみられませんでした。そのせいで流行が4月にずれている可能性が考えられます。

また、インフルエンザワクチンは毎年10月から接種が始まりますが、この時期に接種した人は4月ごろには効果が薄れてきて、インフルエンザにかかるという可能性も考えられます。そのほか、春の寒暖差の影響で体調を崩しやすくなり、インフルエンザにかかることも考えられます」

Q.2009年5月に新型インフルエンザが国内で初めて確認され、その後、大流行しました。5月から流行したのはなぜでしょうか。

市原さん「2009年4月にメキシコで発生した新型インフルエンザが各国で流行し、5月に日本で患者が報告されました。新型インフルエンザは、流行当初は免疫を持っている人がいないため、季節に関係なく感染が拡大しやすかったと思われます」

Q.この時期のインフルエンザ対策の注意点を教えてください。

市原さん「B型は高熱が出ないことも多く、普通の風邪と間違われることがあるため感染が広がりやすい傾向にあります。時期的にもインフルエンザのピークではないため、手洗いやマスクなどの感染予防対策を怠る人も増えてくると考えられます。

また、春先は、マスクが欠かせない花粉症の人も症状が改善してくる時期なのでマスクをしなくなります。インフルエンザだけではなく風邪やほかの感染症予防にもつながるため、普段から手洗いやマスクなどを意識しましょう」

(オトナンサー編集部)

市原由美江(いちはら・ゆみえ)

医師(内科・糖尿病専門医)

横浜鶴ヶ峰病院付属予防医療クリニック副院長。自身が11歳の時に1型糖尿病(年間10万人に約2人が発症)を発症したことをきっかけに糖尿病専門医に。病気のことを周囲に理解してもらえず苦しんだ子ども時代の経験から、1型糖尿病の正しい理解の普及・啓発のために患者会や企業での講演活動を行っている。また、医師と患者両方の立場から患者の気持ちに寄り添い、「病気を個性として前向きに付き合ってほしい」との思いで日々診療している。糖尿病専門医として、患者としての経験から、ダイエットや食事療法、糖質管理などの食に関する知識が豊富。1児の母として子育てをしながら仕事や家事をパワフルにこなしている。オフィシャルブログ(https://ameblo.jp/yumie6822/)。

コメント