オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

脳障害で自分すら忘れてしまった妻描く創作漫画 「現実にありそう」「切なく苦しい」

脳に障害を抱える妻と夫の日常を描いた創作漫画が話題に。自分が着ている服を覚えていないなど、物忘れがひどくなった妻。次第に夫の顔も思い出せなくなり…。

漫画「ウチの妻は忘れっぽい」のカット=ぱげらった(@pageratta)さん提供
漫画「ウチの妻は忘れっぽい」のカット=ぱげらった(@pageratta)さん提供

 脳に障害を抱える妻と夫の日常を描いた創作漫画「ウチの妻は忘れっぽい」がSNS上で話題となっています。自分が着ている服を覚えていないなど、物忘れがひどくなった妻。次第に夫の顔も思い出せなくなり…という内容で「現実にありそう」「切なくて苦しい」「涙止められない」などの声が上がっています。作者の男性に聞きました。

「記憶」テーマに構想を練る

 この漫画を描いたのは、ぱげらった(ペンネーム)さんです。趣味で漫画を描いています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

ぱげらったさん「学生時代に描き始めました。友達がノートに落書き漫画を描いているのを見て、自分もその友達に見せるために遊びでノートに描き始めたのがきっかけです」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

ぱげらったさん「『記憶』をテーマに描こうと思い、構想を練りました。『記憶』に関する、描きたいシーンを多く詰め込みました」

Q.もし、自分や知人が記憶障害になった場合、記憶がなくなってしまう前にやりたいことは。

ぱげらったさん「面白い作品のタイトルをメモして残しておきます。人生で2度も作品を楽しめるからです。知人が発症してしまった場合、もう一度楽しみたい作品を事前に聞いておきます」

Q.アルバムや日記などを使って思い出を記録することはありますか

ぱげらったさん「あまりありません。思い出は記憶から呼び出し、脳内で楽しめばよいかなと思っています」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

ぱげらったさん「『ハッピーエンドになってほしかった』という意見が多かったです。自分もそうしたかったのですが、テーマ的に仕方がなかったですね」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

ぱげらったさん「いろいろなジャンルの漫画に取り組んでいきたいと考えています」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

コメント

2件のコメント

  1. アホなセリフで台無し。

    なんだよ、寿命短くなる薬の義務って。もう少し考えろよ。