オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

美容皮膚科医が警鐘! 男性用化粧品は保湿するどころか、かえって皮膚を破壊する?

美容皮膚科医がお勧めする方法とは

菅原由香子さん
菅原由香子さん

「お勧めの洗顔料は、天然の油脂から作られる石けんです。石けんと名前がついていても、合成洗剤の場合があるので成分表示をチェックしてください。無添加石けんの作り方には『中和法』『釜炊き法』『冷製法』などがありますが、中でも、油脂に水酸化ナトリウムを加えて撹拌(かくはん)し、加熱せずに反応させて作った『冷製法』(コールドプロセス)のものが、お肌にやさしい石けんです」

「加熱しないので油脂が酸化しにくく、生成過程で、保湿成分であるグリセリンが生じて未反応の油脂が残り、程よい洗浄力が保たれます。石けんを極めたい方は『石けんの作り方』の本を購入して、ご自分で作ってみてください」

 菅原さんは、次のように続けます。

「クレンジングの目的は、油性の化粧をオイルで浮き上がらせることです。お肌の構造を壊さないために、余計なものが何も配合されていないオイルを使うことが大切です。私がお勧めするオイルは、オリーブオイル、椿オイル、セサミオイル(ごま油)、ホホバオイル、スクワランオイルの5種類です」

「手作り化粧水もお勧めです。化粧水は水にグリセリンを溶かすだけででき上がります。肌は弱酸性で健康が保たれるので、クエン酸を加えて弱酸性にするとなおよいでしょう。作り方は次の通りです」

(1)ガラス瓶を用意します。
(2)薬局でグリセリンとクエン酸を購入します。
(3)ガラス瓶を煮沸消毒します。浄水器を通した水道水100ミリリットルをガラス瓶に入れます。 
(4)クエン酸を耳かき1杯分、グリセリンを小さじ1/2~小さじ2杯分投入します(自分に合う濃度を決めてください)。
(5)ふたをして出来上がりです。

「この化粧水は簡単に作れますが、1週間以内に使い切りましょう」

 美容に対して、正しい知識を持ち、適切なケアを心がけることが必要かもしれません。取材にご協力いただいた、菅原由香子医師に御礼申し上げます。

(コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員 尾藤克之)

1 2

尾藤克之(びとう・かつゆき)

コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員

東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)をライフワークとしている。NHKや民放各社のテレビ出演や、経済誌などからの取材・掲載多数。著書も多く、近著に「3行で人を動かす文章術」(WAVE出版)がある。埼玉大学大学院経済学研究博士課程前期(経済学修士、経営学修士)。

筆者への連絡先
FB:https://fb.com/bito1212
TW:@k_bito

コメント