オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

やっと終わったのに…おもちゃを片付けたママに息子が近寄る漫画 「うちも同じ」と共感の声

息子のおもちゃを片付けた際の出来事を描いた漫画が話題に。息子が遊び散らかしたおもちゃをやっと片付けたママでしたが…。

漫画「片付けないと決めた日」のカット=こんぶ(ookmboo)さん提供
漫画「片付けないと決めた日」のカット=こんぶ(ookmboo)さん提供

 息子のおもちゃを片付けた際の出来事を描いた漫画「片付けないと決めた日」がSNS上で話題となっています。息子が遊び散らかしたおもちゃをやっと片付けたママ。しかし、息子がおもちゃの方へ近づいてきて…という内容で「うちも同じ」「ジリジリ近寄る息子がかわいい」「懐かしい」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

片付けなくてもいい口実ができた

 この漫画を描いたのは、こんぶ(ペンネーム)さんです。普段は主婦として、子育てをしながら漫画を描いています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

こんぶさん「結婚してからです。こよなく愛する旦那との日々(のろけ)を発散させるために始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

こんぶさん「片付けたそばから散らかしていく、息子の行動が面白かったからです」

Q.このときは、どのようなお気持ちでしたか。

こんぶさん「『勘弁してくれ』とも思いましたが、『おかげで、片付けなくてもいい口実ができた』と少し楽になりました(笑)」

Q.その後、息子さんからの“攻撃”は続いていますか。

こんぶさん「続いています。むしろバージョンアップしています。家は常に泥棒が入った後のように散らかり放題です」

Q.子育てに限らず、頑張り過ぎないように心がけていることは。

こんぶさん「自分を飾ることを、頑張らないようにしています」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

こんぶさん「皆さん、『あるある!』と共感してくださいました。そして、皆さんの家も散らかりっ放しだと聞いて、何だか安心しました(笑)」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

こんぶさん「いつか絵本を描くのが夢です。インスタグラムで描かせてもらっている似顔絵も、落ち着いたらお仕事としてやりたいと思っています」

(オトナンサー編集部)

1 2

コメント

あかざ へ返信する コメントをキャンセル

1件のコメント

  1. 買わなければよくない?ほんの少ししか持ってなくても、沢山持ってても無くても、何かしらで遊ぶから変わらないのに。