オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

「今日から俺は!!」が視聴率以上に“すごくて深い”3つの理由

第7話が視聴率10.6%を記録したほか、ネット関連の数字も好調の「今日から俺は!!」。その画面の裏側にある、同ドラマがすごくて深い3つの理由を筆者が解説します。

アドリブ演技が話題の橋本環奈さん(Getty Images)
アドリブ演技が話題の橋本環奈さん(Getty Images)

 11月25日放送の第7話が視聴率10.6%と初の2桁を記録した「今日から俺は!!」(日本テレビ系)。翌日の仕事や学校が頭をよぎる日曜午後10時30分スタートの連ドラであり、同25日の午後9時から放送された「下町ロケット」(TBS系)の視聴率が12.0%とわずかな差であることからも、申し分のない結果と言えるでしょう。

 視聴率だけでなく、ネット関連の数字も絶好調。公式ツイッターのフォロワー数が秋ドラマ断トツトップの約23万人で、YouTubeでのオープニング動画もわずか10日で90万再生を突破し、Huluで配信している「未公開シーン復活版」も国内ドラマ過去最高の視聴数で推移しているそうです。

 クチコミを見ても小学生から中高年まで幅広い層の人々が、「単純に面白い」「何も考えずに笑える」などの絶賛ばかり。ドラマとして面白いのは見ればわかりますが、今回は、画面の裏側にある「今日から俺は!!」がすごくて深い3つの理由を解説します。

高視聴率とHulu視聴数をダブルゲット

 すごくて深い1つ目の理由は、「無茶振りからのアドリブ」という演出で、高視聴率とHulu視聴数をダブルゲットしていること。

「今日から俺は!!」は、俳優が台本通りに演じるシーンばかりではなく、「自分で考えて演じてほしい」というアバウトなト書きが混在。しかも「数パターンを求められる」という無茶振りに俳優たちが必死に応えることで爆笑シーンを生み出し、視聴者の心をつかんでいます。

 中でもアドリブで笑いを誘っているのは、賀来賢人さん、佐藤二朗さん、ムロツヨシさん、吉田鋼太郎さん、橋本環奈さん、シソンヌの2人。現場の共演者やスタッフが「笑いをこらえるのに必死」というほどのアドリブを見せ、使用カットのほかHuluでの未公開カットに貢献しています。

 見逃せないのは、「広告料につながる高視聴率と、Hulu会員の会費を得ている」というビジネスの側面。「放送される使用カットに加え、放送されないはずの未公開カットでもお金を稼ぐという画期的なシステムを作り上げた」のです。

 このようなアドリブ芝居を入れると、ストーリー性が失われてコントのようになりがちですが、「今日から俺は!!」がすごいのはあくまでドラマとして成立しているところ。佐藤二朗さんが「台本通りにやるのが俳優本来の仕事」「基本的に笑わせようとしていません」と語っているように、俳優たちは自分の役柄をしっかり演じるためにアドリブ芝居をしているのです。

1 2

木村隆志(きむら・たかし)

コラムニスト、テレビ解説者

雑誌やウェブに月間20本強のコラムを提供するほか、「週刊フジテレビ批評」などに出演し、各局のスタッフに情報提供も行っている。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもあり、新番組と連ドラはすべて視聴するなど1日のテレビ視聴は20時間超(同時含む)。著書に「トップ・インタビュアーの『聴き技』84」「話しかけなくていい!会話術」など。

コメント