• HOME
  • 医療
  • 高樹沙耶容疑者は何を誤ってしまったのか…人生設計のプロが「行動」から読み解く

高樹沙耶容疑者は何を誤ってしまったのか…人生設計のプロが「行動」から読み解く

日本中に衝撃が走った、高樹沙耶容疑者の大麻取締法違反事件。ファイナンシャルプランナー(FP)として長年、さまざまな人の相談に乗ってきた筆者が、高樹容疑者の「誤った行動」について考えます。

高樹沙耶容疑者をファイナンシャルプランナーの視点で見ると…

 日本中が思わず「やっぱりか」と口にしてしまったような、元女優・高樹沙耶容疑者の大麻取締法違反(所持)事件――。

 筆者はこれまで、ファイナンシャルプランナー(FP)の立場から、数多くの人の相談に乗ってきましたが、今回はFPの観点で、高樹容疑者の「評価すべき点」と「誤った点」について考えたいと思います。

ファイナンシャルプランニングは人生の設計図作り

 FPというと、いつもお金の話をしている印象があるかもしれませんが、実はそうでもありません。もちろん、お金も重要なファクターの一つではありますが、より大切なことは「何をしたいのか」を明確にすることです。

 たとえば「老後の生活が心配」と漠然と考えるよりも、

・生活費にはある程度の余裕が欲しい
・老後は年に2回、世界遺産を見る旅に出たい
・車は5年に1回程度は新車に買い替えたい

 などと、より具体的な生活をイメージし、そこにお金という裏付けを与えていきます。まず目標を決め、そこから逆算して、「毎月いくら貯金する」「63歳まで働く」など「今やるべきこと」を決めていくわけです。

 これは企業における中・長期経営計画策定と似ています。FPの目的はあくまで、「やりたいこと」を定義することであり、お金はそのための手段に過ぎません。

1 2 3

加藤圭祐(かとう・けいすけ)

株式会社あおばコンサルティング代表取締役

外資系大手のプルデンシャル生命保険で11年間コンサルティング業務に従事。個人顧客700人、法人顧客30社を開拓。2015年4月に株式会社あおばコンサルティングを設立。インターネット上で保険情報サイト「みかづきナビ(http://www.mikazuki-navi.jp)」と、ライフプランニングやお金に関わるコラム「みかづきナビメディア(http://www.mikazuki-navi.jp/blog)」を運営。日々お客様のライフプランニングや執筆・講演活動などを精力的に行う。