オトナンサー|暮らしに役立つライフスタイルメディア

  • HOME
  • 暮らし
  • 「100年に1度」「今世紀最高」…ボジョレ・ヌーボーの“キャッチコピー”は不当表示にあたらないのか

「100年に1度」「今世紀最高」…ボジョレ・ヌーボーの“キャッチコピー”は不当表示にあたらないのか

今年も「ボジョレ・ヌーボー」の解禁が近付いてきました。「50年に1度」「100年に1度」などの“キャッチコピー”が毎年、話題になりますが、こうした文言は法律上の「優良誤認」などにあたらないのでしょうか。

11月17日のボジョレ・ヌーボー解禁が待ち遠しいが…

 今年も11月第3木曜日(11月17日)の「ボジョレ・ヌーボー解禁日」が近付いてきました。この日を待ちわびていたファンも多いことでしょう。

 ボジョレ・ヌーボーといえば毎年話題になるのが派手な“キャッチコピー”。「50年に1度」「100年に1度」などの誇大な表現が並び、これらは時に矛盾しているようにも見えますが、こうした文言は法律上の「優良誤認」などに当たらないのでしょうか。

 オトナンサー編集部では、高井・村山法律事務所の高井信也弁護士に取材しました。

誇大な表現が並ぶ“キャッチコピー”

 まずインターネットで確認できる“キャッチコピー”はおおむね以下の通りです。

1998年「10年に1度の年」

1999年「品質は昨年より良い」

2000年「出来は上々で申し分ない仕上がり」

2001年「この10年で最高」

2002年「過去10年で最高と言われた2001年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来栄え」

2003年「100年に1度の出来栄え」「近年にない良い出来栄え」

2004年「香りが強くなかなかの出来栄え」

2005年「ここ数年で最高」

2006年「昨年同様の良い出来栄え」

2007年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」

2008年「豊かな果実味と程良い酸味が調和した味」

2009年「50年に1度の出来栄え」

2010年「2009年と同等の出来栄え」

2011年「2009年より果実味に富んだリッチなワイン」

2012年「ボジョレー史上最悪の不作」「糖度と酸度のバランスが良く軽やかでフルーティーな仕上がり」

2013年「瑞々しさが感じられる素晴らしい品質」

2014年「2009年の50年に1度の出来を超える味わい」

2015年「今世紀で最高の出来」

1 2

高井信也(たかい・のぶや)

高井・村山法律事務所弁護士

交通事故や労働問題(残業代、不当解雇、労災)、不動産、離婚・相続、企業の相談などを幅広く取り扱う。特に交通事故と労働事件は、合わせて年間30件以上を扱うなど力を入れている。高井・村山法律事務所(http://law-tm.jp/)。