オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • 漫画
  • 科学同好会の先輩女子が“ほれ薬”を男子に飲ませる漫画 二人の世界が…「素晴らしすぎる」

科学同好会の先輩女子が“ほれ薬”を男子に飲ませる漫画 二人の世界が…「素晴らしすぎる」

学校の科学同好会における男女のやり取りを描いた漫画が話題に。先輩の女子生徒から、開発した「ほれ薬」を飲むよう勧められる男子生徒ですが…。

漫画「僕と先輩の実験室」のカット=西崎りいち(@one_and7)さん提供
漫画「僕と先輩の実験室」のカット=西崎りいち(@one_and7)さん提供

 学校の科学同好会における男女のやり取りを描いた漫画「僕と先輩の実験室」がSNS上で話題となっています。先輩の女子生徒から、開発した「ほれ薬」を飲むよう勧められる男子生徒。どうせ効果がないと断りますが、そこには理由があり…という内容で「登場人物がかわいい」「素晴らしすぎる」「癒しをありがとう」「続きが読みたい」などの声が上がっています。漫画の作者に聞きました。

現実離れした漫画を描こうと着想

 この漫画を描いたのは、漫画家の西崎りいち(ペンネーム)さんです。「僕は何度でも、きみに初めての恋をする。」(スクウェア・エニックス、全2巻)では作画を担当しています。

Q.いつ頃から漫画を描き始めましたか。

西崎さん「初めて雑誌に漫画を投稿したのは、高校1年生の頃です。小さい頃から漫画が好きで、漫画家になりたいと考えていましたが、羅川真里茂先生の『赤ちゃんと僕』を読んだことで本格的に目指すようになりました。

私がこの作品に夢中になったように、誰かの心に残る作品を描きたいと思いました」

Q.この漫画を描いたきっかけは。

西崎さん「『赤ちゃんと僕』以外にも、少しだけ現実離れした設定やノリの『漫画らしい漫画』が好きでした。そこで、実験・発明好きのキャラクターがほれ薬や若返る薬を作り、ドタバタする話もいいのではないかと描いてみました」

Q.漫画の舞台は高校でしょうか。2人の学年は。

西崎さん「話の舞台は高校で、先輩は2年生、橘君は1年生という設定です」

Q.この漫画をシリーズ化する予定はありますか。

西崎さん「今のところありません」

Q.漫画についてどのような意見が寄せられていますか。

西崎さん「読者の方からは『かわいい』『癒される』『続きが欲しい』などの感想を頂きました。読んでいただけてとてもうれしいです。ありがとうございます」

Q.創作活動で今後取り組んでいきたいことは。

西崎さん「漫画家としてのお仕事をしつつ、『pixiv』やツイッターで創作漫画を発表していけたらと思います。キャラクターの掛け合いが好きなので、バディ(相棒)やチームものの、にぎやかな漫画をいつか描きたいです」

(報道チーム)

1 2