オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

警察の少年係は「秋」が忙しい 非行、妊娠…夏休みに羽目を外した子どもたち

警察の少年係が1年で最も多忙となるのが9~10月。専門家によると、その理由は、子どもたちの「夏の非行」にあります。

夏は子どもの非行が増えるという
夏は子どもの非行が増えるという

 元千葉県警上席少年補導専門員として、青少年の非行問題に数多く携わってきた少年問題アナリストの上條理恵さんが、犯罪に巻き込まれた子どもたちの事情や悩みなど、その実態を解説します。今回のテーマは「夏の非行」です。

警察の少年係は秋が忙しい

 警察の少年係が1年で特に忙しい季節をご存じでしょうか。それは「秋」です。特に、9~10月は保護者や学校の先生からの相談が相次ぎ、多忙を極めます。

 なぜ、この時期が忙しいのかというと、子どもたちが「夏休みに羽目を外したツケ」が回ってくるからです。新学期が始まって先生に相談することで、夏休み期間中の事件が明るみになったり、妊娠検査薬の陽性反応が出たり……。そうしたことが9~10月に起きるわけです。

「地元」の人間関係に注意

「夏休みは子どもが非行に走りやすい」というのは、多くの方が何となくイメージされているかと思います。

 実際に夏休み中は、未成年が事件を起こしたり、巻き込まれたりする機会が増えるのですが、その背景にあるのは人間関係の変化や広がりです。

 学期中、ほとんどの子どもたちは教室と自宅を往復する毎日で、限られた人間関係の中で生きています。ところが、夏休みに行動パターンが変わったり、行動範囲が広がったりすることで、普段とは接する人が変わり、トラブルに巻き込まれる機会が増えるのです。

 そうした意味でも、注意が必要なのは「遠く」よりも「近場」での人間関係の変化です。

 親御さんの中には、「夏休みに友達同士で渋谷に遊びに行く」と言われたら警戒しても、「友達と地元のお祭りに行ってくる」と言われたら、「せっかくの夏休みだし、そのくらいはいいか」と、ハードルが下がる人が多いのではないでしょうか。

 ところが、実は「地元での出会い」の方が後々厄介なのです。例えば、地方や郊外から渋谷の繁華街へ行って、ナンパされたり、ドラッグに誘われたりしたとしても、「マズイ」「危ない人だ」と思えば、その人間との関係を「切る」ことができます。地元に帰れば会うことはないし、連絡先を交換したとしてもブロックしてしまえばよいからです。

 一方、地元で知り合った人間は、知り合いの知り合いだったり、学校の先輩だったりして、断りたくてもそう簡単に関係を断ち切ることができません。日頃の人間関係にも何らかの影響を及ぼす可能性があり、犯罪行為に誘われても強く拒絶できない場合が多いのです。

 例えば、1学期まで真面目な生徒だった15歳の男子生徒が、地元のお祭りで会った先輩に「金を盗って来いよ」と言われて引くに引けなくなり、下級生からお金を巻き上げたケースがあります。彼は、その後も窃盗などの行為を繰り返すようになってしまいました。

 今後付き合うこともない相手であれば、「興味ない」「自分はそういうことはしない」とはっきり断ることができても、地元の先輩だったりすると「断れない」「断ったら怖い」「ダサいと思われたくない」などの気持ちから、悪い事だと分かりつつ、断り切れない子どもが少なくありません。

 ほんの出来事心や虚栄心で恐喝や万引きなどに手を出した結果、“悪仲間”に足を踏み入れることになり、簡単には抜け出せなくなってしまうのです。

1 2

上條理恵(かみじょう・りえ)

少年問題アナリスト

少年問題アナリスト、元上席少年補導専門員、東京経営短期大学特任准教授。小学校、中学校、高校講師を経て、1993年より、千葉県警察に婦人補導員として、青少年の非行問題(薬物問題・スマホ問題・女子の性非行)・学校との関係機関の連携・児童虐待・子育て問題に携わる。学会活動として、非行臨床学会の会員としての活動も行う。小中学生、高校生、大学生、保護者、教員に向けた講演活動は1600回以上に及ぶ。

コメント