オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • エンタメ
  • 木曜ドラマに“明暗” フジ「グッド・ドクター」がテレ朝「ハゲタカ」を逆転した理由

木曜ドラマに“明暗” フジ「グッド・ドクター」がテレ朝「ハゲタカ」を逆転した理由

半数以上が平均視聴率2桁以上をキープするなど、好調の夏ドラマ。その中で、いずれも木曜に放送されている、テレビ朝日系「ハゲタカ」とフジテレビ系「グッド・ドクター」の視聴率に“異変”が。

「グッド・ドクター」主演の山崎賢人さん(Getty Images)
「グッド・ドクター」主演の山崎賢人さん(Getty Images)

 半数以上が平均視聴率2桁以上をキープするほか、視聴者からの評判も上々の夏ドラマ。猛暑で在宅率が上がっていることもあり、例年以上の盛り上がりを見せています。

 スタートから1カ月が過ぎて中盤戦に入ったところで気になるのは、木曜に放送されている2つの作品。テレビ朝日が午後9時から放送している「ハゲタカ」と、フジテレビが同10時から放送している「グッド・ドクター」が、放送前の予想とは異なる様相を呈しているのです。

 両作の放送が初めてそろったのは7月19日で、視聴率は「ハゲタカ」(1話)11.9%、「グッド・ドクター」(2話)10.6%と前者が勝ちました。しかし、翌週の7月26日は「ハゲタカ」(2話)11.3%、「グッド・ドクター」(3話)11.6%と、早くも後者が逆転。8月2日も「ハゲタカ」(3話)10.4%、「グッド・ドクター」(4話)10.6%。8月9日も「ハゲタカ」(4話)9.6%、「グッド・ドクター」(5話)12.2%と後者が3連勝しています。

 ネット上の話題でも「グッド・ドクター」が明らかに優勢。個人のSNSには称賛の声があふれ、ネットメディアもページビューを伸ばすべく関連記事を量産しています。

 しかし、ここ数年は、「ドクターX~外科医・大門未知子」「緊急取調室」「BG~身辺警護人~」などを放送してきたテレ朝・木9の「木曜ドラマ」が、フジ・木10の「木曜劇場」に圧勝。テレ朝・木9が2桁視聴率をキープする一方、フジ・木10は5~7%がやっとの状態であり、「ダブルスコア以上の差をつけられる」という結果が定着していました。

 今夏のような逆転は、ちょうど4年前の2014年夏以来であり、「15作連続でテレ朝・木9がフジ・木10に勝ち続けてきた」ことになります。なぜ、久々に逆転現象が起きているのでしょうか。

1 2 3

木村隆志(きむら・たかし)

コラムニスト、テレビ解説者

雑誌やウェブに月間20本強のコラムを提供するほか、「新・週刊フジテレビ批評」「TBSレビュー」などに出演し、各局のスタッフに情報提供も行っている。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもあり、新番組と連ドラはすべて視聴するなど1日のテレビ視聴は20時間超(同時含む)。著書に「トップ・インタビュアーの『聴き技』84」「話しかけなくていい!会話術」など。

コメント