オトナンサー|オトナの教養エンタメバラエティー

  • HOME
  • ライフ
  • 森永製菓「アイスボックス<グレープフルーツ>」の販売休止 8月1日から、猛暑で供給難しく…

森永製菓「アイスボックス<グレープフルーツ>」の販売休止 8月1日から、猛暑で供給難しく…

森永製菓が氷菓「アイスボックス<グレープフルーツ>」の販売を8月1日から休止していることが分かりました。連日の猛暑の影響です。

販売を休止している「アイスボックス<グレープフルーツ>」(森永製菓ホームページより)
販売を休止している「アイスボックス<グレープフルーツ>」(森永製菓ホームページより)

 連日の猛暑の影響で、森永製菓(東京都港区)が氷菓「アイスボックス<グレープフルーツ>」の販売を8月1日から休止していることが、分かりました。販売が予想を大きく上回って十分な商品供給が難しくなったためで、販売再開は9月中旬ごろを見込んでいます。

 なお、アイスボックスには8月末までの期間限定商品の「濃い果実氷<巨峰>」もあり、こちらは品薄状態ではあるものの販売を継続しているとのことです。

「前年比2桁増」で供給追い付かず

「アイスボックス<グレープフルーツ>」(税別価格100円)は、粗く砕いた感じの氷が入った「かち割り氷」タイプの商品。グレープフルーツ果汁や食塩を含み、森永製菓は「熱中症対策にも適した商品」とPRしています。

 広報担当者によると「アイスボックス<グレープフルーツ>」の売り上げは「前年比2桁増」で、品薄状態が続いて全国に満遍なく商品を供給することが難しくなったため、いったん販売を休止。9月中旬の販売再開を目指して、生産計画を増やして対応するとのことです。

 森永製菓では、夏場の期間限定商品として「冷やし甘酒」やキャンディー「inタブレット塩分プラス」を販売していますが、こちらも猛暑の影響で品薄状態となっています。それぞれ「8月末まで」「9月まで」としていた予定期間を待たずに、販売終了となる可能性があるとのことです。

(報道チーム)

1 2